読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

日光で「天然氷のかき氷」めぐり その5 日光霧降高原チロリン村「カフェ・アウル」

「カフェ・アウル」
栃木県日光市霧降1535-4 日光霧降高原チロリン村(詳しくはこちら) TEL:0288-54-3355
営業時間:不明、夏休み中は無休だそうです

食べたのは・・・2008年8月
主な値段・・・・・いちご 600円、はちみつレモン 700円、ブルーベリー/抹茶あずき 800円、練乳 +150円

日光の天然氷めぐりシリーズ、最終回はちょっと奥まった霧降高原です。霧降高原チロリン村という施設の中に、天然氷の蔵元・四代目氷屋徳次郎の氷を使ったかき氷が食べられるお店があると聞いてやってきました(氷屋徳次郎さんについてはこちらを参照)。

IMG_5412

「いちご」600円。地元産のイチゴを使っているそうで、ゆるーいイチゴジャムのようなソースがとても上品な味。ふわふわに柔らかい氷とよく合っています。アップにすると、こんなかんじ。

IMG_5420

イチゴの実と、種のつぶつぶが見えるでしょうか?

IMG_5414

こちらは「はちみつレモン」700円。はちみつとレモンの味がします……って、それじゃ当たり前すぎますねw レモンをスライスして蜂蜜につけ込んだのと同じ味のシロップです。意外とありそうでないかも。酸味が爽やかで、こちらも氷によくあっておいしい。

IMG_5439 IMG_5423 IMG_5436
IMG_5430 IMG_5434

お店の前のテーブルで屋外で食べるのですが、裏に回るとちょっとしたかき氷資料館風になってます。昔のかき氷削り器や、木の冷蔵庫(中に氷を入れて使う)などが展示されていて、なかなか面白いスペースになってました。

カフェ・アウルのかき氷、甘さ控えめで素材の味が生きてて、好みの味でとてもおいしかったです。ただ、もうちょっとソースがたくさんかかっていてもいいのになあ、と……あるいはもうちょっと安くてもよいのになあ……とも思ってしまいました。いちごやブルーベリーは地元産のものを使っている、とか、そもそも観光地なんだから観光地値段なんでしょうとか、事情は分からなくはないんですが、ついつい神奈川の埜庵さんや千葉の三日月さんを思い出してしまうのでした。日光から送料をかけて天然氷を買って、果物たっぷりのシロップをどっさりかけてあの値段なんだから、大変だろうなあ、と思うと……。

おっと、話が脱線してしまいました。氷屋徳次郎のかき氷を食べてみたい、でも日光は遠い……という方は、今年はナンジャタウンのアイスクリームシティに行くと、「かき氷祭り」というイベントで食べられるみたいですよ。9月13日までです。