読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

きなこたっぷりな幸せ:上野みつばち「氷和三昧」

東京・上野&谷根千&池袋のかき氷

なんだか全然梅雨が明けない東京ですが(^^ゞ、ぼちぼちトーキョーウジキントキ再開したいと思います。

「上野みつばち」
東京都文京区湯島3-38-10
TEL:03-3605-1661 営業時間10:30〜21:00 年中無休

食べたのは…2006年7月
主な値段は…氷和三昧 650円 +白玉トッピング 50円


さて今年の第一弾は、2003年にもご紹介したことがある上野…というか湯島の「みつばち」。かき氷よりも、アイス最中の元祖ということで有名なお店です。以前の記事はこちらに

さて、去年(2005年)秋に新メニューが出ていたことには気付いたのですが、試さないうちにかき氷のシーズンが終わってしまっていました。気になっていた新メニューというのが、コレです。「氷和三昧(こおりわざんまい)」。
※すごく照明が暗いお店なので、写真がイマイチおいしそうじゃないですがご容赦ください…。

きめ細かくかかれた氷の上に載っているのは、胡麻のアイスときな粉のシロップ。氷の下にはつぶつぶのゆでアズキが埋まっています。

かき氷のきな粉シロップってすごくおいしいんですが、あまり関東だと見ないような……。思いつくのは「北斎茶房」くらいでしょうか。

みつばちのきな粉シロップ、結構甘くて濃くて美味しいです。北斎茶房のお上品きな粉とは別路線。途中、きな粉がなくなってしまうと味気ないので、別の器できな粉シロップを付けてくれるといいなあ……などと思いました。ここのお店、各テーブルに黒蜜が置いてあるのでそれは自由にかけられるんですが、かなりクセの強い黒蜜なので、好き嫌いが別れると思うんですよね。

あと、きな粉シロップと胡麻アイスの相性はあまり良くないかも?とも思いました。きな粉氷と胡麻アイスを一緒に食べる必然性をあまり感じなかった……。余談ですが、胡麻アイスの載っているかき氷といえば、同じ名前の別の店、新宿みつばちの「胡麻ミルク」が秀逸です。

一緒に食べた友達のかき氷の写真は↓に。


氷あずき(600円)に白玉載せ(50円)。ここのお店、「粒あん」じゃなくて「あずき」なんですよね。氷和三昧にも埋まっていますが。これについては、以前の「氷白玉」についてのエントリをご覧下さい。

帰り際に、新商品「氷バナーヌ」なるチラシを発見。最初に気付いてたら、氷あずきじゃなくて、これにしたのに〜。バナーヌのほうも、そのうち試してみようと思っています。

みつばち 本店

食べログみつばち 本店