トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

生のいちごで作った氷イチゴ:西荻窪「甘いっ子」

「甘いっ子」
東京都杉並区西荻南2-20-4 電話:03-3333-3023 11:00〜20:00、月曜休

食べたのは…2003年8月
主な値段は…氷宇治金時 750円/氷いちご 650円/氷すい 500円

 シトシトと冷たい雨が降るある日、大学時代の後輩と誘い合わせて西荻窪へ出かけました。「僕、西荻窪って初めて降りました」「私二回目」なんて会話が出てしまうくらい、慣れない土地です。住所を頼りに、あっちでもない、こっちでもないと歩き回って見つけました、「甘味処 あんみつ 甘いっ子」。駅前の(割と)大きい通りから、一本裏に入ったところにあります。


「氷いちご」
 
 下町でもなかなかないような、昔風の入り口の、小さなお店。「町の甘味処」という感じです。古い机と椅子が並ぶ店内も、古き良き下町の甘味処、という風情。ちょっと柳橋(浅草橋)の「にんきや」を思い出したりして。通常メニューと氷メニューの二冊のメニューを渡されます。

 出てきた氷を見ると、どれも丸いお皿に平らに盛られています。これは「食べやすいように」という配慮なのだそう。確かに、円錐型に高く盛り上げられたかき氷は、スプーンを差し込むとポロポロと氷が崩れて、食べ出しに苦労するのはたしかです。
 お店によってはスプーンも器のなかに入った状態で氷をかくので、まずスプーンを取り出すのに苦戦するところもありますよね。たしかにそう考えると親切かも…。

まずは一番の名物といっていいのではないでしょうか。「氷いちご(果汁)」650円から(一番最初の写真)。「果汁」の字が示すとおり、シロップは生のイチゴと砂糖をミキサーにかけたものです。果肉感がしっかりあって、とてもおいしい!
  このイチゴシロップはちょっと酸っぱめなので、甘党の人は練乳もかかった「氷いちごミルク」がいいかも。そういえばこのお店を推薦してくださったとらこさんが「氷イチゴ金時クリーム載せがお気に入り」と言われていて、「イチゴに金時(アズキ)???」と疑問に思っていたのですが、食べて納得しました。このイチゴシロップなら、アズキも合いそうです。バニラアイスとの相性もすこぶるよさそうだし。


 お次は「氷宇治金時」750円。やはり平たいお皿に載って出てきます。
 氷はわりとパリパリ系。あずきは固めに炊いてあり、抹茶シロップのお抹茶も比較的濃いめですが、「おおっ」と思うほどの存在感ではないかなぁ…という気がしました。とはいっても、このちょっと前に「虎屋茶寮」でめちゃくちゃ抹茶の濃い宇治金時を食べてしまった私。どうしても抹茶の点は辛くなってしまうのです。お許し下さい…。
 全体的に、おいしいけど割と普通、という印象の宇治金時でした。


「すい」

 最後におまけで「スイ」を。ビジュアル的にはホントにシンプル。氷だけにも見えます(笑)。こちらもやっぱり、平らなお皿に盛られていて食べやすいです。

 評判通り「氷いちご」がとってもおいしい「甘いっ子」。西荻窪の近所に住んでいたら、しょっちゅう行きたくなってしまいそうな下町の甘味処でした。

 次回行くときは、いちごと金時の組み合わせで食べてみたいなぁ、と思ってます。あ、アイスもね♪