トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

冬場こそおいしいかき氷!チョコ、チョコミント、ココア、バレンタインのかき氷(2015-2016 秋冬春のかき氷 Vol.2)

いまやかき氷のオンシーズンは夏だけじゃない。秋、冬、春、それぞれに、その季節でなければ食べられないかき氷が増えています。前回の桜かき氷編に続き、今回はチョコ&ココア系のかき氷を一気にご紹介したいと思います。企画の詳細については前回のこちらをどうぞ。 

ice.hatenablog.jp

今回ご紹介するのは、チョコレート系かき氷について。チョコレート+かき氷はおいしくつくるのが難しいと長年言われていたのですが、ここ数年で格段においしくなったジャンルです。背景にあるのはやはり、(1)ミルク氷にココアをたっぷりまぶすというアイデアが生まれたこと(私が見た中では慈げんさんが最初だったかと)、(2)エスプーマの流行によってクリーム系のかき氷を出すお店が増えたこと、(3)2と重なりますが、デザート系のかき氷が増えたことでチョコレートを扱うお店が増えたこと、(4)クリスマス、ホワイトデーなどの期間限定氷が流行り「バレンタイン氷」としてチョコレートのかき氷に取り組むお店が増えたことの4つが大きいと思います。

それでは以下、「バレンタイン限定系」「チョコレート系」「ココア系」「チョコミント系」のかき氷をご紹介。

●バレンタイン限定系

以下、バレンタインデー前後にのみ提供されていた、季節限定のチョコ系かき氷を厳選して紹介します。

●慈げん(埼玉県熊谷市

https://www.instagram.com/p/BBovdesugKA/

熊谷「慈げん」のバレンタイン限定氷、「ベリーベリーチョコっとキャラメルCタイプ」980円。

見ての通り、かき氷をケーキのように丸く固めて、その上からソースをかけているというかき氷。パッと見かき氷には見えないので、SNSで写真を流したときも「ケーキじゃないの?」「こんなかき氷があるんですか」という反応を数名からいただきました。

かき氷、固めてあるといっても固いわけではなくて、スプーンを差し込むと中から果物やナッツがコロコロたっぷり出てきます。見た目のインパクトだけでなく味も素晴らしくおいしい、素敵な限定かき氷。来年も2月頃に食べられるかもしれません。気になったかたは熊谷へGO!

ちなみに私、2014年のホワイトデーはやはりこちらでハート型のケーキ風に仕上げたかき氷を食べています。以前の慈げんさんの話はこちらを。

ice.hatenablog.jp

☆慈げん 熊谷市仲町45 TEL:048-526-1719 営業時間:11:30~LO17:30 売り切れじまい 。現在、休みは不定休になっています。営業時間などはTwitterを確認

 

●しもきた茶苑大山(東京・下北沢)

https://www.instagram.com/p/zHUBipOgIa/

「焼き栗氷」など、ファイヤー!なかき氷に取り組んでいたしもきた茶苑大山さん。バレンタインデーも“燃えるかき氷”を出しておられました。

こんもり盛られたかき氷の周りにはビターなチョコレートムース。トップに埋められたあるものが燃える仕掛けになっています。添えられているのはけっこうしっかり(甘)酸っぱいいちごシロップ。

ビターなチョコムースと酸味強めのイチゴシロップが非常にいいバランスで、最後まで甘酸っぱく美味しくいただる素敵氷でした♪ もともとお茶屋さんということで、抹茶やほうじ茶のかき氷では他店の追随を許さない大山さんですが、最近は期間限定氷という形で、果物系などお茶以外のかき氷も取り組んでおられます。

そういえば大山さんは、クリスマス&ホワイトデーかき氷の先駆者だったんですよね(最初はバレンタインはなかったのです)。今から10年前、2006年のクリスマスかき氷の話はこちらに。

ice.hatenablog.jp

しもきた茶苑大山(WEB) 東京都世田谷区北沢2-30-2 電話:03-3466-5588 営業時間:14:00〜18:00、月曜定休

● チョコレート系かき氷

ここからはバレンタインの時期とは関係なく、比較的長い期間提供されているチョコレート系かき氷をご紹介します。いずれも私が大好きなおいしい氷ばかり!おすすめ。

●椛屋(東京・梅島)

https://www.instagram.com/p/BDcxwKKugBJ/

https://www.instagram.com/p/1mZlMKugGo/

自宅の庭を改装して解放、というスタイルで営業している椛屋さん。松月氷室の日光天然氷を使ったかき氷を提供しているお店です。ここでは、通年ではないのですが、主に冬場、「ショコラ××」というかき氷を提供しておられます。このショコラシリーズが私、大好きで……。

上の写真が「ショコラキッス」、下が「ショコラオレンジ」でそれぞれ850円。ふわっとかいた氷の上に、非常に軽い口溶けのチョコムース、そして美しいマーブル模様。氷の中にはたっぷりの果肉&ソースが隠れている……というとてもおいしいかき氷です。ショコラキッスはチョコ+いちご、ショコラオレンジはチョコ+オレンジのかき氷です。

椛屋さんについて、詳しくはこちらを。

ice.hatenablog.jp

 

●ココア系かき氷

セブンプレミアムのアイス「ティラミス氷」がおいしいと話題になっていたので私も食べてみました。私の感想は「確かにおいしいけど、これは最近増えてるココア系かき氷をアイスにパッケージしなおした商品だ」というもの。いつでもコンビニで手軽に買えるアイスとしてはおいしいと思いますが、やはりかき氷屋さんが作る本気のココア系かき氷にはかなわない。と、私は思っています。

ココア系かき氷、と私が呼んでいるのは、「ミルク氷の上にココアパウダーをたっぷりまぶしたかき氷」のこと。私の知る限りではおそらく熊谷の慈げんさんが最初。その後椛屋さんやみなと屋さんなども出すようになって広まった、という印象です。

以下、おすすめのココア系かき氷をご紹介します。どれもおいしいですよ!

●慈げん(埼玉県熊谷市

f:id:tokyo-ujikintoki:20160604205136j:plain

上述のように、おそらくココア系かき氷の元祖である慈げんさん。写真は「ラムレーズンミルクココア(R20)」です。ミルク氷の上にはたっぷりのココア、中からはしっかり洋酒に漬かったラムレーズンがゴロゴロ登場……というかき氷。

それにしても、こんなにシンプルなものがなぜこんなにおいしいんでしょうね?としみじみしてしまうおいしさ。さすがすぎる。慈げんさんの過去記事については、上のバレンタインのところをごらんください。 

 

●椛屋(東京・梅島)

https://www.instagram.com/p/-GT0UAugMp/

こちらも二度目の登場、椛屋の「ミルクココア」750円。この時はココアがいつも以上にバフバフで、風が吹くとまわりにココアが飛び散っていました(笑)

椛屋さんにくると、ついつい一つはミルクココアを食べてしまいます(ショコラシリーズがあるとそっちが優先なんですがw)。シンプルだけどホントにおいしいんですよねえ。大好き。

椛屋の過去記事については、上のバレンタインのところをごらんください。 

●浅草浪花家(東京・田原町

https://www.instagram.com/p/BCCsfBUugOU/

浅草で大人気のたい焼き屋さん「浅草浪花家」さんは今やかき氷のお店としても有名に。兄弟店として数年前にオープンした「大阪浪花家」さんもすっかりたい焼き+かき氷の両方で人気になっています。

そんな浅草浪花家さん、たい焼き屋さんなので当然粒あんが素敵においしいのですが、気がついたら「こしあん」も「白あん」もものすごくおいしくなっていて、毎回行く度に何食べていいか分からない状態に……。

そんな私の最近のお気に入りが「メンズみるくといろんなものが入ったあんこ」。「メンズ」とは「珈琲味のココア氷+白あん」の意味で、中にナッツなどいろいろ入ってます。上のココア+ミルク氷の部分だけ食べてもおいしいし、白あんもおいしいし、食べるとぽりぽりとナッツなどいろんなものが出てくるし、それでいて甘さ控えめだし……と思い出したら食べたくなってきました。どうしよう(笑)

浅草浪花家さんについて以前の記事はこちらをどうぞ。

ice.hatenablog.jp

 

●チョコミント系かき氷

さて、チョコレート&ココアかき氷シリーズの最後は「チョコミントのかき氷」

私、かき氷は好き嫌いがなくていろんな氷を食べるんですが、唯一自分では頼まないのが「チョコミントのかき氷」なのです。甘いチョコレートがあまり食べられず、ミントのお菓子が得意じゃない私にとって、チョコミント氷を注文するのは大変な試練。1人で一つ食べきれる自信がない&おいしいのかおいしくないのかがよく分からない、という事情がありまして……。

しかしチョコミント好きの友人と一緒の時なら注文できる!さらにいうなら、チョコミント好きの人は結構な数いて、Twitterなどでチョコミントのかき氷の話を書くと、普段かき氷の話に余り反応しない人からもレスがもらえたりするんです。ということは、一定層には強いニーズがあるということでは……?と思い、今回チョコミントかき氷があるお店についてまとめてみました。

私が確認したところでは、チョコミントのかき氷を出しているところは3店舗。以下自分で撮った写真がある2店舗をご紹介します。

●かき氷喫茶 バンパク(東京・三軒茶屋

https://www.instagram.com/p/_d1jtYOgPO/

かき氷の老舗「石ばし」、和食レストラン系かき氷「かんな」と有名店が並ぶ三軒茶屋の新星、「かき氷喫茶 バンパク」さん。こちらでは時々チョコミントのかき氷を提供しています。

チョコミント好きに味の感想を聞いたら、ミントのスースー感がしっかりめ、「チョコミント好きが満足するチョコミント氷」だそうですよ。 

バンパクさんについての記事はこちらを。

ice.hatenablog.jp

☆かき氷喫茶 バンパク(Twitter東京都世田谷区太子堂2-23-5 プルミエ太子堂B1F 営業時間 12:00〜18:00(L.O17:30) 不定休

●赤七屋(千葉県上総一ノ宮) 

https://www.instagram.com/p/1FnXZ4ugNU/

千葉県は上総一ノ宮にある、倉を改造したかき氷屋さん「赤七屋」。ここでネーミングに釣られて頼んでみたのがこれ、「チョコミン党」700円。

このかき氷は、ミントクリームの上に細かなチョコレートが散らしてあるというもので、お店の方に聞いた所「カクテルのグラスホッパーを意識してるそうです。おもしろーい!

全体に甘めに振った味の構成なので、ミントのスースー感は弱め。チョコミントを食べ慣れていない私はおいしく感じたのですが、チョコミントマニアには物足りないかも……ということでした。

赤七屋さんについて詳しくは、こちらをどうぞ。

ice.hatenablog.jp

 

●あんみつの深緑堂(東京・向島

最後にもう一軒、写真なしですがチョコミント氷があるというお店をご紹介します。それは、向島にあるあんみつやさん「あんみつの深緑堂」。
超~こだわりのあんみつを出すお店なのですが、夏場だけ気まぐれメニューとしてかき氷も出しています。で、私はまだ見たことがないんですが、たまにチョコミントの氷が出てることがあるとか……。

こちらのチョコミント氷はわりとミントしっかり&砕いたオレオが入っている、というお話なので、チョコミント好きさんは行ってみると良いかもしれません。

ayano.hatenablog.jp

●追記:もっちり庵(埼玉・羽生) 

公開後に「もっちり庵でもチョコミント氷出してますよ」という話を聞いたのでお知らせします。もっちり庵とは、羽生駅前で「もっちり焼」を販売しているお店。もっちり焼って、こんなカワイイヤツです。

f:id:tokyo-ujikintoki:20160606043049j:plain

すごくもちもちしてる&形がいろいろで顔がついてる今川焼、みたいな感じです。このお店ではもっちり焼きの他にかき氷も提供しているんです。その中にチョコミント氷があるそうなので、ぜひお知らせします。

 

☆もっちり庵 埼玉県羽生市西2−1−18 電話:048-563-2772

~~~~~~

……以上、2015~2016年の秋冬に食べたものを中心に、チョコレート系のかき氷をまとめてご紹介しました。参考にしてみてくださいませm(__)m