読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

2013年もっともハマったお店には、食べてほしいかき氷が3つある:神保町「なごかふぇ」

 「なごかふぇ」(Twitter
東京都千代田区神田神保町1丁目54−19
TEL:03-3291-7577 営業時間:平日11:30-23:00、土12:00-19:00(かき氷は14:30~18:30LO)日休

食べたのは…2013年5~9月、2014年5月、7月
主な値段は…アボカドマンゴー 700円、沖縄ぜんざい 600円、紅芋ぜんざい 650円、アボカドぜんざい 700円、パッションフルーツ 900円、グレープフルーツ 750円、シークワーサー 750円 ほか

 

2013年、私(東京担当ayano)がかき氷を食べにもっとも通ったお店が「なごかふぇ」。神保町にある沖縄カフェです。

なごかふぇはその名の通り、沖縄・名護出身のマスターが、沖縄の料理やスイーツ、飲み物を出してくれるカフェ。もともとは同じく神保町にある「avocafe」というアボカド専門カフェの姉妹店としてスタートしました。

かき氷の提供をスタートしたのは確か2012年だったと思うのですが、上述の通りもともとは料理&お酒を提供するカフェ。当初は平日午後のアイドルタイムのみ(14時~16時だったかな?)のかき氷提供だったため、食べたくても食べに行けない……という状況だったのです。

それが、2013年からはかき氷時間が平日18時半までと長くなった上に、土曜日もかき氷を提供することに。神保町は行きやすい場所ということもあって、こちらのかき氷にすっかりハマってしまった私はちょくちょくお邪魔していました。この年は「かき氷コレクション」や「東京純氷まつり」といったかき氷イベントに登場してあっという間に人気店になり、今では「なごかふぇはかき氷屋さんじゃなかったんですか?」と言われるくらい、かき氷の有名店に……。

 

前置きが長くなりました。そんなわけで2013年にちょくちょくかき氷を食べに行ってたなごかふぇ、今年(2014年)も5月にかき氷を再開。6月はかき氷はお休みしていて、7月から本格的にかき氷提供が始まりましたよ!というわけで、かき氷再開を祝し、トーキョーウジキントキでも満を持してご紹介します。

しょっちゅう通っても飽きない理由は、ここでしか食べられないかき氷がある上に、果物の旬に合わせて短期間でシロップが変わっていくから。以下、なごかふぇで「これは食べて欲しい」というかき氷を、3ジャンルに分けてご紹介します。去年の写真と今年の写真が混じりますがご容赦を。

●その1:アボカドかき氷

なごかふぇ

2014年最初、なごかふぇで食べたのは「アボカドマンゴー」700円。アボカドソースとマンゴーソースが相がけになっているかき氷です。面白い組み合わせ、おいしい!

なごかふぇはもともとアボカド専門カフェの姉妹店ということもあり、アボカドの扱いは得意中の得意。最近はアボカドのかき氷を出すお店が増えていますが、このかき氷はミルクが入っていなくて、アボカドのグリーンぽい味が前面に出ているのが面白い。ミルク使わないアボカド氷も美味しいな~と堪能しました。

「アボカド○○氷」はその時々でいろんなのがあるので楽しいです。今出ているのは「アボカドピーチ」。5月に食べたときはアボカドマンゴーのほか「アボカドいちご」も確かあったかと。
 

●その2:沖縄ぜんざい

なごかふぇのかき氷

沖縄ぜんざい、600円。

沖縄で「ぜんざい」といえば、かき氷のこと。金時豆を黒糖でふっくらと煮て、その煮汁をシロップにして氷にかけたおやつのことなのです……という話は、以前「新垣ぜんざい屋」の 時に書いた通りです。

沖縄では超定番のおやつらしいのですが、東京で食べられるところはなかなか少なくて……。名古屋担当のほまめさんが2006年に「藍風珈琲店」を紹介していたの で、東京でも食べてみたいなあと思っていたところ、2007年にパーラー江古田 で本格的なぜんざいを食べたのが私は初体験。その後数回沖縄ぜんざいをうたうかき氷を東京で食べたことがあるんですが、どれも「?」という感じだったんですよね……。

なごかふぇのかき氷

沖縄カフェであるなごかふぇで食べられる沖縄ぜんざいは、まさに正統派のぜんざい。ふっくらと煮上げられた金時豆の皮はつやっつや。白玉もモチモチおいしいです。黒糖で煮てあるんですが、甘さ控えめなので見た目の大きさに反してさくさく食べられてしまいます。

 

そして、なごかふぇさんならではのぜんざいがこれ。

なごかふぇ

沖縄ぜんざいに、南国の食材を組み合わせたぜんざいです。得意のアボカドと組み合わせた「アボカドぜんざい」、色も綺麗な「紅芋ぜんざい」などなど。

写真は先日(2014年7月)初めて食べた「島バナナぜんざい」700円。上半分は島バナナ、下半分は沖縄ぜんざいというかき氷。島バナナの濃厚な甘みが、さっぱり味のぜんざいと合っておいしい~。なごかふぇさんならではのぜんざいだと思います。島バナナは7月上旬までということなので終了間近。急いで!

 

●その3:トロピカルフルーツのかき氷

その1、その2でもチラチラと出てきていましたが……3つ目のジャンルが「トロピカルフルーツ」。沖縄ならではの南国の果物をふんだんに使ったかき氷が実においしい!

 

なごかふぇ 2013

シークワーサー氷。さっぱり味でさくさく食べられちゃいます。あ、隣に写ってるのはさんぴん茶。 

 

なごかふぇ 2013

 これなんだっけなあ、マンゴーだったかな?(2013年)

 

なごかふぇのかき氷

ピンクグレープフルーツがたっぷりと。果物丸ごと食べてるみたいでホントにおいしい。 

 

なごかふぇ

そしてこれ!見た目のインパクト抜群、「パッションフルーツ氷」です(900円)。キュッと甘酸っぱいソースと一緒に、種をバリバリかみ砕くのが楽しい。 こんなかき氷、なかなか食べられないなあと思うのです。しかも東京で!

 

なごかふぇのかき氷

 

……というわけで、2013年にすっかりハマったなごかふぇのかき氷。今年もたぶん通っちゃうんだろうなあと思います。一番上に書きましたが、かき氷の提供時間はランチが終わる14時からなのでご注意を。あと、その日何のかき氷があるかはTwitter(@nago_cafe) でチェックするのをオススメします!