トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

マンゴー山盛りにするには、いくらかかるんだろう…:原宿「マンゴーチャチャ」

「マンゴーチャチャ」(Web
渋谷区神宮前4-25-35 原宿メイプルスクエア2階 TEL:03-6434-0789 営業時間:10時30分〜22時

食べたのは…2014年5月(かき氷は通年提供)
主な値段は…初恋 920円

先日、某所で食べたマンゴーかき氷が大変、ものすごく、すばらしくおいしくて、トーキョーウジキントキに「今まで日本で食べたマンゴーかき氷のなかで一番おいしい……」と書きかけたのですが、「ちょっと待て、マンゴーかき氷といえば今年、話題のお店がオープンしてなかったっけ。そこのを食べずに日本一とか言ってはいけないよね」と思った私。書きかけのブログは下書きのまま保存して、まずは話題のお店に行ってみることにしました。

今年の春オープンしたばかり、テレビや雑誌でもたくさん取り上げられて話題のお店、「マンゴーチャチャ」。マンゴーかき氷の本場・台湾から日本に上陸した、マンゴーデザート専門店です。お店はいわゆる「裏原宿」のあたりにあります。私は台湾のマンゴーかき氷が大好き。店頭のこんな看板を見て、いやがおうにも高まる期待。わーお、山盛りマンゴー♪

f:id:tokyo-ujikintoki:20140524084835j:plain

このビルの2階がマンゴーチャチャです。店内はポップでかわいらしい作り。カウンターの上のかわいらしいかき氷マシンが目をひきます。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20140524085100j:plain

 

メニューを見せてもらったのですが……た、高いっ(汗)

ここのメニューは「元カレ」「モテキ」「密な関係」と面白い名前のものが多いんですが、基本的には冷凍マンゴー、マンゴーかき氷(詳細は後述)、マンゴーアイス、マシュマロ(ハート型)の組み合わせです。店頭にあった看板の写真や、テレビや雑誌で使われている写真はすべて2~3人前のメニューで、お値段は2970円 or 2850円(!)。かき氷で3000円かぁ……。この日は私ひとりだったので、さすがにこれを食べるのは高すぎる。

とはいえ、1500円くらいなら出してもいいかなと思ってました(原宿だし)。その予算で食べられたものはというと……

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20140524085646j:plain

「初恋」920円。ち、小さい……悲しい……。この写真だと大きめに見えますが、サイズとしては、ミニストップの「マンゴーパフェ」と同じくらいです。角度を変えて、写真、もう一枚。

  

f:id:tokyo-ujikintoki:20140524090331j:plain

この角度の方が中身の構成がよく分かりますよね。小さめのパフェグラスの中にぎっしり入っているのは、うっすらマンゴー味の牛乳かき氷。

パフェグラスのふちには、ぐるっと冷凍マンゴーが。この冷凍マンゴーは、台湾産のマンゴーを旬なときに一括で冷凍したものを使っているそうです。日本のスーパーでよく売られているフィリピンマンゴー(黄色くて小さいアレです)よりは甘いけど、宮崎マンゴーや台湾マンゴーでも愛文種などの高級品種をそのまま食べるのに比べると甘くない。というか、味が薄いです。一番上に載っているのはマシュマロです。(あとはおまけでドライマンゴーの試食をいただきました)

これ、台湾でよくある「雪花氷」(氷そのものに牛乳などで味をつけてある)なのかな、でもマンゴーの風味もするなと思って、食後にお店の人に聞いてみたら、「たっぷりのマンゴージュースに少しだけ牛乳を加えて氷をつくり、それをかいてかき氷にしています」とのことでした。うーん、たっぷりにしてはマンゴーの味が薄かったのはたまたま、なのだろうか……。

 

写真の通り、ほとんど全部「マンゴージュース+牛乳」のかき氷なのですが、これがものすごく薄味な上に、ソースや練乳がかかっているわけではないので、上に載ってるマンゴーの味で食べるしかないんですよね。でもマンゴーもそれほど味が濃いわけではないので、卓上の塩(ロレーヌ岩塩って書いてあった)をちょっと振って甘みを増して食べる、そのときついでに氷も一緒に口に入れる、という感じ。全体的に、味がなさすぎるよ~(涙)

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20140524091355j:plain

マンゴーチャチャのサイトを見たら、マンゴーシロップもコンデンスミルクも使用しませんと書いてあったのですが、こんなに味がしないなら使ってくれたほうがよっぽどうれしいです。うーん、何だかなぁ。

 

ちなみに、私の頼んだ「初恋」は、一番かき氷部分が多いメニュー。多くの人は同じく920円の、一人用の「モテキ」を頼んでいるようです(お皿の上にマンゴー+かき氷+アイス)。もう一つ920円メニューとしては、一人用の「密な関係」もあって、こちらは「初恋」のかき氷部分が黒蜜になっているみたい。こちらにすれば、味がないってことはなかったのかも。

 

並んでまで食べたいかと聞かれると、「NO」かな……もしお店に行かれるんだとしたら、2~3人で行って、大きなメニュー(モテキでも元カレでも)を注文することをおすすめします。写真だとサイズ感分かりにくいけど、一人用のはほんとに小さくて見た目が寂しく、「アレ?」っていう感じなので^^;;

 

マンゴーチャチャ、台北の101の近くに本店があるそうなので、今度台湾に行ったら本家マンゴーチャチャで食べてこようと思います。そうそう、ブログのタイトルにした「マンゴー山盛りにするには、いくらかかるんだろう…」ですが、正解は「約3000円」です。台湾で食べたらたぶん、値段5分の1くらいなんだろうな^^;;

 

関連リンク:つい文句を言いたくなってしまうのは、私、台湾のマンゴーかき氷が大好きだからなんです。ぜひ本場、もしくは本場の味に近いお店で食べてみてほしい!

果物屋さんのマンゴーかき氷は感激の美味でした:台南「裕成水果」 - トーキョーウジキントキ ←台湾(台南)

台湾で日本人に一番有名なマンゴーかき氷屋さん、場所を移転してますのでご注意:台北「ICE MONSTER(冰店)」 - トーキョーウジキントキ ←台湾(台北

日本にも展開しているチェーン店、本家のお味は……?:「Charmy Snow Ice 雪花冰」(鹿港店) - トーキョーウジキントキ ←台湾(鹿港)

マンゴーまるまる1個載ってます:銀座・三徳堂「マンゴーかき氷」 - トーキョーウジキントキ ←銀座

お手軽価格のマンゴーかき氷:笹塚・台湾物産館 - トーキョーウジキントキ ←笹塚