読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

巨大しろくまに感動:糸満市「丸三冷し物店」

沖縄のかき氷

「丸三冷し物店」
沖縄県糸満市糸満967-29 TEL:098-995-0418 
営業時間:11:00〜19:30(11月〜3月は18:30まで)、日曜休

食べたのは…2012年2月
主な値段は…白熊 480円、黒糖ぜんざい 380円

沖縄旅行の最後の最後、「時間間に合うかな?」とクルマを飛ばして食べに行ったかき氷がこれです。良かった、間に合った!と店内へ。

丸三冷し物店@沖縄

白熊、480円。なんとな〜く、顔っぽく見えるフルーツの飾り付けが可愛らしい。白くまといえば鹿児島のローカルかき氷として有名ですが(トーキョーウジキントキでもご紹介してます→)、鹿児島のお隣、沖縄にもあるんだなあと感慨深かったです。

こちらの白熊、きめ細かい氷がふんわりと高く積まれていて、その上にさっぱりした甘さのミルクシロップがたっぷりかかっています。食べ飽きない味でおいしい。食べるのに必死で写真を撮り忘れてましたが、食べ進むと氷の下からたっぷりの金時豆と白玉が出てくるんです。500円しないかき氷でこの食べ応え。す、すごい……。

写真だと分からないんですが、ホントに大きいんですよ。子どもの頭くらいあります。私は一人で食べちゃいましたが、普通は2人くらいでシェアするみたい。「大きすぎるよ!」という方のために、100円安いミニ白熊もあります。ミニで普通のかき氷のサイズだということ。

丸三冷し物店@沖縄
もう一つ頼んだのが「黒糖ぜんざい」380円。黒糖シロップがかかった氷と、ふっくら炊かれたたっぷりの豆、そしてゆでたてでつやつやの白玉。この美しい見た目ですもの、おいしくないわけがありません!

それにしても面白いのは、同じ「ぜんざい」とはいってもお店によって全然味が違うこと。今回3カ所でぜんざいを食べましたが、それぞれに豆の炊き方や味、氷とのなじみ方が違って、全く違う味わいなんですよね。ここのぜんざいもかなり美味しかった……。

写真、続きます。
丸三冷し物店@沖縄
サイズ比較のために、白熊と黒糖ぜんざいと一緒に撮った写真がこれ。……なんですけど、これだと白熊の巨大さがイマイチ伝わりませんね。失敗^^;;


ちなみに、店内はこんな感じ。


あっ、かき氷好きで有名な蒼井優さんの写真が!*1

丸三冷し物店@沖縄
丸三冷し物店@沖縄
お店の外観×2枚。

それにしても、こんなにおいしくてボリュームたっぷりで安いかき氷が普通に食べられるなんて、いいところだなあ、糸満。一つ前に書いた、恩納村の「琉冰 おんなの駅」が明らかに観光客向けなのに対して、こちらのお店は地元の方がふらりと立ち寄るような感じのお店。ガイドブックにもよく載っているのでもちろん観光客の方もいるとは思うのですが、なんとなく地元っぽい雰囲気がいい感じのお店でありました。ぜひまた再訪したいお店です。

というわけで、2泊3日で4店(5回)かき氷屋さんに行けた今回の沖縄旅行。沖縄には他にも気になるかき氷屋さんがいろいろあるので、また行けたらいいなぁと思っております。トーキョーウジキントキ沖縄編、お付き合いいただきありがとうございました。

*1:実は「かき氷のブログをやってるんですよ」とお店の方とお話したところ「写真撮っていい?」とおっしゃられるので記念撮影したのでした。もしかしてどこかにあるのかなぁ私の写真…^^;;