トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

谷中「ひみつ堂」で春を感じるかき氷2種

ひみつ堂(Twitter
東京都台東区谷中3-11-18 電話:03-3824-4132 
営業時間:11:00〜20:00、月曜休(春・秋は18時閉店のことも。冬の間は18時までで火曜も休み)

食べたのは…2012年4月
主な値段は…うぐいす桜 900円、ひみつのいちごみるく 700円

一般的にはかき氷のシーズンは夏ですが、今や埜庵のマスターによれば「かき氷屋はGWから忙しくなる」とのこと。確かに……最近では冬でもかき氷を出すお店も珍しくなくなりつつありますし、かき氷専門店ともなればシーズンごとのかき氷が楽しめる時代です。というわけで今回は、谷中「ひみつ堂」の春らしいかき氷の話。

春の限定かき氷「うぐいす桜」。淡い色合いが春らしくて素敵です。淡い緑の正体はうぐいすきな粉、てっぺんには桜の花の塩漬けが可愛らしくあしらってあります。きな粉の部分をすくって食べると、上品な甘さの奥にほんのりと塩気が……わ、おいし〜い。

中はこんな感じです。
谷中 ひみつ堂

かき氷の中にはうぐいす餡が隠れています。ありそうでなかった組み合わせ、和菓子をかき氷に仕立てたみたいで美味しいなあ。もと歌舞伎の世界にいた店主さんが、このかき氷について書かれていたブログはこちら。→

さて、もう1つ春らしいかき氷をご紹介します。

谷中 ひみつ堂

「ひみつのいちごみるく」をミルク抜きのいちごのみでオーダーしたもの。通年あるひみつ堂の看板メニューですが、今の季節は旬の生いちごを使用。普段とは色からして違います。一口食べると、いちごを凝縮したような濃厚な甘みが広がります。これもおいし〜い!

谷中 ひみつ堂

以前も書きましたが、こちらのお店では手回し式のかき氷機でかき氷を作っています。オープンして1年ですがひみつ堂さんは人気店、春なのにすでに行列ができている状態。毎日ものすごい数のかき氷を作っているマスターが腱鞘炎にならないことを祈っています……。

うぐいす桜も旬生いちご氷も、多分このゴールデンウィークで終了。ひみつ堂さんについて、以前詳しく書いた記事はこちらをご覧下さい。いちごのかき氷の色の違いに驚くと思いますよ。→