読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

雪くまめぐり2011(3):チーズケーキやティラミスがかき氷になるなんて!「シノン洋菓子店」

シノン洋菓子店
埼玉県熊谷市新堀954-1
TEL:048-532-7242
営業時間:09:00〜19:30 定休日:火曜

食べたのは…2011年8月
主な値段は…キャラメルちーずパフェ 680円、ティラミス 550円

雪くまめぐり日帰りツアー、最後の1軒は「シノン洋菓子店」。市内中心部からはちょっと離れているのでクルマじゃないと厳しいかもしれません。駐車場完備なのがありがたい。かわいらしい外観のケーキ屋さんで、お店に入るとすぐに売り場が。その奥が喫茶スペースになっています。

トーキョーウジキントキは東京担当ayano(私)と名古屋担当のほまめさんの二人で書いており、実はお互いが書いた店でも「行ったことがなくて気になるお店」というのがけっこうあります。昨年(2010年)にほまめさんが紹介してくれたかき氷の中で、私がかなり気になっていた1つが「緋毬(ひまり)」のティラミスかき氷。「ティラミスがかき氷になるの?しかもおいしいの?」と興味しんしんだったのですが、そのティラミスかき氷にまさか熊谷で巡り会えるとは……


ティラミス、550円。かなり大きめなかき氷です。器の上に丁寧に背が高くかかれた氷の上に乗っているのは、まさにティラミス。マスカルポーネチーズのクリーム部分がおいしい!その上からはたっぷりとエスプレッソパウダーが。かき氷部分にはコーヒーシロップがかかっているのですが、これが極力甘さ控えめでティラミス部分との相性がばっちりなのです。この味はカンペキにティラミス。うわー、おいしいわ…とうっとり。

西田園さんのところでも書きましたが、実はこのときすでにかき氷4杯目。スタートが遅かった上に途中いろいろ間食したりして、相当お腹いっぱいになっていました。いや、お腹いっぱいどころか結構満腹感で苦しくて「一人前食べられないかも……」と思いながらオーダーしたところに、かなり大きいサイズのかき氷がやってきたので内心ショックを受けていたのですが、食べ始めたらおいしくてきれいに食べてしまいました。ティラミス好き、コーヒー氷好きなら必食かと思います。


こちらのお店では、雪くまにソフトクリームが載っていると「パフェ」と呼び、100円増しになります。雪くまメニューの中でいちばん高いのがこれ、キャラメルちーずパフェ、680円。キャラメルソースとミルクがかかったかき氷の上にソフトクリームが載り、まわりには小さくカットしたチーズケーキがぐるっと差してあるのが面白い。このチーズケーキが、さすがケーキ屋さんだけあってすごくおいしい! キャラメル氷の部分は甘めで美味(ティラミスのコーヒー氷に比べるとかなり甘いです)、ちょっと洋酒の風味がするような気がしました。

ティラミスもキャラメルちーずパフェも、氷が柔らかく、繊維のように細くかいてあってとてもきれい&口溶けの良いかき氷です。オリジナルシロップのかき氷というとあずきや抹茶などの和菓子系アプローチか、フルーツを使ったものがほとんどですが、ティラミスやキャラメル、チーズケーキなど洋菓子系のアプローチでもおいしいかき氷ができるんですね……上述の「緋毬」(私は行ったことはないですが)や、サダハルアオキ(patisserie Sadaharu Aoki paris)のかき氷を思い出しながら、こういうかき氷もいいなぁ、と思ったシノン洋菓子店さんでした。

というわけで5年ぶりの雪くまめぐりは無事終了。どのお店もふわふわのかき氷にオリジナリティあふれるシロップ、都内に比べるとかなりお安い値段のおいしいかき氷で、とても楽しい1日でした。前回と同じお店には行っていないので単純な比較はできませんが、熊谷の雪くま、レベル上がってるんじゃないかな?と思います!

シノン洋菓子店

食べログシノン洋菓子店