トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

お膳でいただくかき氷:名古屋「鬱花」

鬱花(うっか)
愛知県名古屋市緑区鳴海町字宿地66-1
TEL:052-622-2826
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月曜日

食べたのは…2011年8月
主な値段は…桃 750円

行きたいと思いつつなかなか行けなかったお店、鬱花(うっか)。
お店の名前も変わっていますよね。
でも名前の意味はお店に行けばなんとな〜〜くわかるような気がしますよ、たぶん。

さてお店に入ってかき氷メニューを凝視しました。
桃、パイナップル、レモン。(パイナップルとレモンは700円です)
どれも食べたい!!かなり迷った挙句、「桃」をお願いしました。
するとお店の方が目の前でおもむろに美味しそうな白桃の皮をむき始めました。
ミキサーに桃とほんの少しのシロップを入れてガーッと・・・。
目の前に置かれたかき氷はこちら。


お膳!
きめ細やかなサラサラ氷に美味しそうな白桃が添えられています。
左上の器は桃のシロップ・・・というよりピュレ。
右上は甘みが足りなかったら追加してくださいというシロップ。

どう考えても美味しいビジュアルに思わずがっついてしまい、桃のシロップを美しくたらすことができなかった私を許してください。

本当に美味しいです。
桃自体の甘さがしっかりあるので、私には追加のシロップは必要ありませんでした。
こぼさないように少しずつ、少しずつ、氷の上に桃のシロップをかけていきます。
嬉しいくらいにたっぷりシロップがあるんですよ。


ほら、なみなみと。

氷の量もほどよく、あっという間に完食してしまいました。
カウンター席がゆったりとられているので、一人でも入りやすいお店です。
次回はレモンにしようか、パイナップルにしようか、今から迷っている名古屋隊員です。

店名の意味はこんなイメージかな?

お庭のテラス席は鬱蒼と・・・。