読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

子どもはダメだよ(多分):銀座・広尾「HIGASHIYA」

HIGASHIYA GINZA
中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 電話:03-3538-3230 
営業時間:11:00〜19:00、月曜休

食べたのは…2011年7月
主な値段は…抹茶金時 950円、梅蜜 950円(+サービス料 10%)

「中目黒にHIGASHIYAという凄い和カフェがある」と聞いたのはいつだったでしょうか。お茶好きなら行っておいた方がいい、と聞いたもののなかなか中目黒方面に足が向かず、「広尾に『ori HIGASHIYA』っていう支店ができた」「かき氷がおいしいらしい」と言われてようやくエンジンがかかったところで「銀座にもお店ができたよ」と聞きました。なんと、それなら銀座に行ってみよう……ということで行ってきたのが今回のレポ。

「HIGASHIYA GINZA」は、銀座一丁目にあるポーラビルの2階にあります。大通りに面しているというのに、看板らしい看板もなく、一瞬どこだか分からなかった…。エレベーターで2階に上がってまたびっくり。高級というか重厚というか、非常に上品で和モダンな内装&店員さんなのです。土地が高い銀座にありながらけっこう広い店内、ゆったりとした席配置。

別に混んでいたわけでもないのですが、なぜかなかなか席に案内してもらえず、入り口脇のソファで待機。しばらくしてから席についてメニューを開くと……わぁ、すごい品揃え。日本茶メニューいろいろ、甘味、食事、和風のアフタヌーンティーセット、お酒、おつまみなどなど。面白いお店だなぁ……と思ったのですがここは初志貫徹でかき氷を。かき氷は2種類あります。


抹茶金時、950円。小ぶりなグラスに背が高く盛りつけられたかき氷は、なんだかシャンと背筋が伸びた和服美人のよう。とっても上品で綺麗なかき氷です。

食べてみると、カリカリと細かくかかれた氷は食感がパリパリで美味。サイズは小さめですが「かき氷を食べた!」という満足感があります。食べ進むと氷の真ん中にたっぷりとあずきが入っています。和菓子屋さんのあずきだけあっておいしい!甘さは控えめでオトナの味。グラスのふちにコロンコロンと入った白玉もゆでたてもちもちでした。

なんといっても特筆すべきは、ものすごく濃くてほとんど甘みのない抹茶がたっぷりとかかっていること。私は濃い抹茶が好きなのでうきうきしながら食べましたが、友人は「甘くなさすぎてこのままじゃ食べられない……」と別添えの練乳をけんめいにかけて食べていました。練乳をかけてもお茶の味が負けることなく、ほろにが甘くてオトナの美味です。これは子どもには食べられないだろうな……。

もう1種類のかき氷は、梅蜜。

こちらは見た目素朴なかき氷。全体にさっぱりした甘さで透明な梅シロップがかかっているほか、上からは梅酒の梅を漉したようなドロッとしたシロップがかかってます。うん、こちらもおいしい……けど、抹茶金時ほどのインパクトはないかも。

それにしても、和カフェとか甘味処という言葉からは想像できない感じの高級な雰囲気のお店。最後に会計でもう一回びっくりしました。2000円出したのに足りなかったのは、サービス料10%が別だったからなんですねぇ。いや〜、広尾店の「ori HIGASHIYA」も同じ雰囲気なのかな?と逆に興味が惹かれたくらいでした。


↑こちらは広尾店です。中目黒店は休業中みたい。このほか青山におまんじゅうの支店がある模様です。