読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

さっぱり酸っぱい氷あんず:門前仲町「由はら」

東京・浅草&秋葉原より東のかき氷

「甘味処 由はら」
東京都江東区富岡1-10-8 湯原ビル TEL 03-3641-4095
営業時間:11:00〜21:00、定休日:なし

食べたのは・・・2010年7月
主な値段・・・・・氷あんず 730円、氷スイ 530円

※2011年追記:本エントリはもともと“都内でもう一軒、天然氷のかき氷が食べられる:門前仲町「由はら」”というタイトルでupしていましたが、天然氷ではないかも?という話が出ています。→参考リンク「天然氷を使うということの意味」

ここ数年、注目度が上がっている天然氷。人工池に水を張り、自然に凍った氷を切り出して氷室で一年中保存する……という貴重なもの。秩父・軽井沢・日光など産地では普通に天然氷のかき氷が食べられますが、わざわざ運んできて使うとなると高価なため、埜庵(神奈川)、三日月氷菓店(千葉)など数少ないお店でしか扱っていません。

都内で天然氷を使ったかき氷を出しているお店といえば、有名なのは十条の「だるまや餅菓子店」。実はもう一軒、都内に天然氷を使っているお店がある……ということで行ってきたのが、門前仲町の「甘味処 由はら」です。

shaved ice

氷あんず、730円。ふんわりと柔らかくかいた氷が、小振りな器にこんもりと盛りつけられています。かかっているのは多分自家製の杏シロップ。スプーンですくって口に運ぶと、きゅんと酸っぱくておいしい。相当酸っぱい(同行者は「酸っぱすぎる」と言ってました)ので、氷アンズクリームや氷アンズミルクにするのがおすすめかもしれません。

shaved ice

せっかくなのでアップでも撮ってみた写真。店内がやや暗くて、あまり上手に撮れてないんですが……。

お店の方に「天然氷を使ったかき氷なんですか?」と聞いたら、「はい!うちはかき氷が自慢なんですよ。一年中かき氷を出してます」とちょっと嬉しそうに答えてくれました。おお、年間通してかき氷が食べられる貴重なお店なのですね。

「天然氷というと、日光とか軽井沢とかから仕入れてるんですか?」と尋ねたところ、「いいえ、秩父の氷屋さん。なんて言ったかな」と意外なお答え。「え、阿左美冷蔵さんなんですか」と聞き返したら「そうそう!」とのことでした。同じ秩父の天然氷を使っていても、本店とも宝登山道店とも全然違うかき氷。かき氷って、奥が深いですね。

shaved ice


由はらさん、外から見るとこんな感じです。それにしてもこのお店、全然かき氷をプッシュしてないんですよ。むしろ「深川めし」とか「くずきり」とかのほうが目立っていたような。事前に聞いていなかったら、かき氷を食べにここに来ることはなかったろうな……と思いながらこの写真を撮ったのでした。