読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

美味!こしあんのスムージー:博多・中洲ぜんざい「氷しるこ」

九州のかき氷

中洲ぜんざい
福岡県福岡市博多区上川端町3-15 電話:092-291-6350 
営業時間:11時〜19時、日休

食べたのは…2005年9月
主な値段は…氷しるこ 550円

九州・博多のかき氷、2軒目は「中洲ぜんざい」をご紹介します。店名が示すとおり、看板メニューは“ぜんざい”。でも、夏場のかき氷がおいしいんですよー、とお勧めされて行ってきました。宇治金時に近いイメージの「宇治ぜんざい」にしようと思っていたのですが、メニューの中にあった「氷しるこ」の文字に目が釘付けになってしまった私。氷しるこというのはこしあんのかき氷のことで、つぶあんよりこしあんが好きな私はついついこちらを注文してしまったのでした。


氷しるこ、550円。出てきたのを見て「えー!」とびっくり。かいた氷と、こしあんがよくまぜてありシェイク状になっているのです。いうならばこしあんのスムージーという感じでしょうか。こんなかき氷、初めて見ました。

入れ物が深さのあるグラスというのもかき氷としては珍しい。こしあんの下には小さめの白玉がいっぱい入っていて、こちらもモチモチッとして、と〜ってもおいしいのです。もうねー、水ようかんとか葛桜みたいな「こしあんでひんやり」系のお菓子が好きな人にはストレートど真ん中の剛速球、たまらないですよ。また食べたいなぁ……。

お店のおばちゃんがまた優しくていい方で、ぺちゃくちゃとおしゃべりしてしまいました。レトロな店内にはラジオ放送が流れて、なんとものんびりしたムード。

いわゆる「かき氷」とはちょっと違いますが、おいしかったなあ。いい感じの店内で、ものすごくおいしい氷しるこをいただいて、のんびりと気持ちのいい時間を過ごさせていただきました。もう一回行ける機会があったなら、今度は「宇治ぜんざい」を食べてみたいなあ。