読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

氷に甘酒?いやいや、これがおいしいんです:お茶の水「天野屋」氷甘酒

東京・中央線沿線のかき氷

「天野屋」(WEB)
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-15 電話:03-3251-7911
毎週日曜 営業時間09:00〜17:30

食べたのは…2005年7月
主な値段は…氷甘酒 500円

ご紹介したいと思いつつ、ずーっと書けなかったのがこのお店。神田明神の鳥居のすぐ脇にある「天野屋」の氷甘酒です。神田明神お茶の水駅からわりと近く。


天野屋の名物、甘酒にかき氷を載せたものです。サイズは小さめなのですが、甘酒が適度に濃厚で、食後に心地よい満足感があります。

学生の頃お正月にしていたバイトで、毎年甘酒を飲ませていただいていました。私はそれまで、甘酒って好きじゃなかったんですが、そのバイトでいただく甘酒はものすごくおいしかったんですよね。「あまり甘酒って好きじゃないんですが、これはおいしいですね」と聞いたら、教えてもらったのです。一般に飲まれている甘酒は、酒粕に砂糖を加えてお湯で煮溶かしたものだけれど、この甘酒は違う。本物の糀を熟成させて作っているから、おいしいのだ、と。

で、その「初めておいしいと思った」甘酒が、この天野屋のものだったんですね。
天野屋の地下には室(むろ)があって、そこで糀(こうじ)を熟成させています。もともと、甘酒は夏の飲み物で、夏ばてを防ぐ栄養源だったのだとか。天野屋では、氷甘酒の他、冷やし甘酒もいただけます(450円)。もちろん温かい甘酒もありますよ。


…話を氷に戻しましょう。

食べ進むと、氷の下から甘酒が現れます。そうそうこのお店、クーラーがないのですよ。かき氷がものすごくおいしくいただけます。扇風機が風を動かしていますが、氷はどんどん溶けていくので、いそいで食べましょう。


店内はとてもアンティックな雰囲気。切子のガラスが飾られています。お店を切り盛りする、おばちゃん&おばあちゃんもなんともいい雰囲気。

かき氷は10月10日までだそうです。
江戸下町情緒漂う中でいただく、おいしい氷甘酒。味も雰囲気も大好きなお店です。帰り道は神田明神で、銭形平次のお墓を見て帰りましょう。

天野屋

食べログ天野屋