トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

きなこ味のかき氷、しかもわらび餅入り!京都「文の助茶屋」

「文の助茶屋」
京都府京都市東山区下河原通東入ル八坂上町373 TEL: 075-561-1972 毎週水曜  営業時間10:00〜17:30

食べたのは…2004年6月
主な値段は…氷宇治 550円

去年の夏、京都でかき氷合宿を敢行したときに行ったお店が「文の助茶屋」。わらび餅で全国的に知られている老舗です。
(でも、わらび餅じゃなくてかき氷を食べる私たち…)


手前から、田舎氷、氷イチゴミルク、氷宇治です。

ここの氷はなかなか個性的&美味でした。なんといっても珍しいのが田舎氷。きなこをかけたかき氷です。白玉2つと、きなこアイス1つが載っています。氷を食べ進むと、中にわらびもちが2-3個埋まっています(わぁい♪)
見た目甘そうなんですが、そうでもないです。おいしくてぱくぱく食べてしまいました。

氷イチゴミルクは、ハウス食品の「シャービック」みたいな味です。氷イチゴとしてはかなり珍しいシロップでした。ちょっと甘さ強めです。

一番奥に写っているのが氷宇治。抹茶のしっかりした苦みと甘みが効いていて、さすが甘味処のかき氷!という美味です。甘みが強いんですが、味のバランスがよくて、食べあきることのないおいしいかき氷でした。

ここのかき氷は全体的に、氷の口溶けがすごくいいんですよね。
田舎氷もイチゴミルクも宇治も、シロップの味はかなり個性的だし甘みも強いのですが、氷がおいしいので非常にバランスがいいです。
なお、名古屋にも支店があるようです(ジェイアール名古屋タカシマヤ6階)。私は行ったことないんですが、また田舎氷食べたいな…。

それにしても、ここのお店の話、書いたつもりですっかり忘れてました。すみませんです。京都で食べたほかの3店(中村軒、ぎょくえん、月が瀬)についてはこちら(京都のかき氷・過去記事)をごらんくださいませ。

文の助茶屋 清水店

食べログ文の助茶屋 清水店

文の助茶屋 本店

食べログ文の助茶屋 本店