トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

東京では珍しいあの味が食べられる!:湯島「つる瀬」氷琉球

「つる瀬」
〒113-0034 東京都文京区湯島3-35-7 TEL 03(3833)8516
営業時間&定休日:調査中

食べたのは・・・2005年7月
主な値段・・・・・氷琉球 580円、氷宇治金時 630円

京都だと珍しくないんですが、東京にいると意外と目にしないのが、黒蜜をかけたかき氷。千代田線湯島駅を降りた目の前にある和菓子屋さん「つる瀬」では、「氷琉球」という名前で出しています。去年見つけたときには喜んでしまいました。今年もかき氷シーズンが始まると、いそいそと食べにいってしまいましたよ。ふふふ。


琉球。黒蜜がかかっています。黒砂糖が琉球(沖縄)の名産だからこの名前が付いたんでしょうね。下に白玉も入っていて食べ応えあり。

このへんだとみはしという甘味処が有名なんですが、同じくらい好きなお店です。お持ち帰りの生菓子は有名なんですけど、中でも食べられることはあまり知られてないんですよね。かき氷も美味です。氷琉球のほかにも、こんなかき氷があります。


氷レモン。あまりおいしそうに見えなくて申し訳ないんですが、これが美味しい!
生のレモンをぎゅっと絞ってあります。さっぱりした甘さで、はちみつレモンをとっても上品にしたようなお味です。

一応お約束?の宇治金時も。


宇治金時…の金時をこしあんに替えてもらったもの。あえて言うなら、宇治しるこってところでしょうか。

ここも根津の芋甚などと同じく、粉末のまま抹茶をかけています。粉末の抹茶をかけるのが珍しいと思ってるのは私だけで、もしかして珍しくないのかなあ…?

つる瀬

食べログつる瀬