トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

一年中かき氷が食べられる!:新宿「みつばち」【閉店】

(2011年追記:みつばちは閉店したようです。残念です…湯島みつばちは元気に営業中です)

「新宿 みつばち」
新宿区歌舞伎町1−25−3 西武新宿駅前ビルB1 (WEB)

TEL:03-3209-6907 営業時間11:30〜21:30(L.O.21:15)、日祝11:30〜21:00(L.O.20:45) 月曜日定休

食べたのは…2003年7月
主な値段は…氷嵐山(900円)、氷宇治(600円)+あずきトッピング(150円)

 西武新宿駅の目の前、ビルの地下一階にある甘味処。
「一年中かき氷を出しているお店」としても有名で、湯島のみつばちとは別経営のようです(メニューも結構違う)。

ここの宇治金時は、かーなーりー珍しい一品です。
まずは氷嵐山(900円)の写真から。


いわゆる単品の「氷宇治金時」というメニューはなく、ここのお店で氷宇治金時を食べようと思うと、「氷宇治」にあずきをトッピングするか、この「氷嵐山」という豪華版メニューを頼むことになります。

で、氷宇治にあずきトッピングだとこうなります。


 氷はクラッシュ系なのですが、喫茶店の「フラッペ」の類とは別次元の細かさ。非常にきめが細かく、空気をはらんでいて口に含むとサラリと溶けます。じつにおいしい。

 さらに珍しいのが抹茶。抹茶をシロップに溶かして氷にかけられているのが普通だと思いますが、ここのは抹茶と粒子の細かな砂糖を混ぜたものを、溶かさずに氷の上からかけてあります。食べるとジャリジャリ言いそうなものなんですが、この抹茶砂糖が非常に氷との馴染みがよく、食べていて食感を損ないません。写真を見ると分かりますが、抹茶を勢いよくかけただけで、氷がかなり溶けてしまっているほどです(写真はまだ食べる前の状態)。
 トッピングしたあずきも、いわゆるつぶあんではなく、豆の一つ一つがしっかり形を保っている「ゆであずき」です。一見甘納豆かと思うくらい。

 氷嵐山はかき氷の上に宇治、あずき、抹茶アイス、白玉が乗っています。ここは結構大きめなので、氷宇治+あずきでも相当食べ応えあり。氷嵐山ならかなりお腹がふくれます。最初値段を見たときに「ちょっと高いかな?」と思いましたが、食べ応え、味ともに非常に満足できるものでした。

おまけ写真:氷ミルフル

これはなぜか、食べてるうちにすごく体が冷えてきました…
私の身の回りでは「氷カルピスは食べてると寒くなる」という証言続出です。
なぜでしょうね?