トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

台湾かき氷食べまくりツアー:高雄編(その1)

みなさまご無沙汰しております。トーキョーウジキントキのayanoです。

ここ数年、台湾、それも南部の高雄&台南にすっかりハマっています。平均して年に3回以上は台湾に通っている気がする……。台湾はある意味日本以上のかき氷天国。しかも一年中暖かいので一年中かき氷が食べられる!というわけで、私も行くたびにかき氷を食べています。結構あちこち食べているのに、そういえばトーキョーウジキントキではあまりご紹介していなかったな、というわけでここからしばらくは普段と趣向を変え、台湾で食べたおいしいかき氷をエリア別にまとめてご紹介します。

まずは高雄で食べたかき氷をご紹介。実は高雄では、2018年に入ってから急にオシャレかき氷や日式かき氷の店が増えているんです。そんなわけで今回は、2018年夏に行ったお店を中心にご紹介。二泊三日で9店のかき氷屋さんを回ってきました!

なお、1台湾ドルはだいたい3.5円~4円というところ。今回は4円で計算します。

●私的には高雄のマンゴーかき氷No.1はココ!「芒果好忙」(@巨蛋駅) 

https://www.instagram.com/p/BndZE8Chd_j/

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183212j:plain

最近の高雄、未食の気になるお店が増えているのですよ…。 といいつつ、一店目は高雄では以前から人気のマンゴーかき氷のお店へ。

MRT巨蛋駅から徒歩数分、「芒果好忙」です。一年ぶり、三回目くらいの再訪。マンゴーのことを、漢字では「芒果」と書きます。店名にマンゴーが入ってるというくらい、マンゴーかき氷が自慢のお店。

カットしたてのプルンプルンのマンゴー+マンゴーアイス+ミルクの雪花氷の構成で120元(480円)。写真だと分かりづらいですが、かなーり大きいんです!小さいラーメン丼くらいのサイズで、二人でシェアしてる人も多いです。前にもきたことがあるんですが、今年(2018年)はやはりマンゴーが抜群に美味しい!「美味しい~」「おいしいよーーー」しか感想が出ませんでした…

今回もあちこちでマンゴーかき氷を食べましたが、高雄ではここがNo.1じゃないかなあ。回った中ではここよりおいしいかき氷には出会えませんでした。マンゴーかき氷をどこか一カ所だけで食べるなら、高雄なら私はここをイチオシします。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183240j:plain

なお、台湾のマンゴーは夏の果物。冬のあいだはマンゴーでなく、いちごやドラゴンフルーツのかき氷が中心になります。こちらのお店はいちごかき氷も美味しいらしいので、次、冬に高雄へ行ったら試さなくては。

  

ice.hatenablog.jp

台湾のデザートといえばマンゴーかき氷を連想する人は多いと思うんですが、ほとんどの方は台北で食べますよね。でも、台湾で本当にマンゴーかき氷がおいしいのは南。ぜひ、台南や高雄で食べていただきたいです!特に台南近郊には「玉井」というマンゴーの名産地があって本当にハイレベル……と言う話は前に書いたのでこちらをぜひ。

 

 ●行列も納得の人気店!雪花氷がおいしく、ルックスも美しい「葉月堂

https://www.instagram.com/p/BndpeL2h5kf/

ここから二日目。お次は、最近オープンしたばかりの新店舗を回ろう、ということで「葉月堂」を初訪問。こちらも最寄りは巨蛋駅……なんだけど、バス乗らないとキツイかなーというロケーション(Google Mapを貼っておきます)。

人気店で店の前に行列ができてましたが、意外とすぐに入れました。写真は「芒菓咬咬」、180元(640円)。花のようなカットのマンゴーが美しい!下はマンゴーの雪花冰がたっぷりと。ここは雪花氷(氷自体に牛乳などで味を付けて凍らせ、それを削る)が自家製とのこと。雪花冰がちゃんとマンゴーの果実の味で、甘さ控えめなのでかなり美味しいです。マンゴーのジェラートを食べているよう。雪花冰の美味しさに比べると、マンゴーの味は普通かなぁ。別ぞえの蜂蜜桂花ゼリーも甘さ控えめで上品なお味。雪花冰で冷えた舌に有り難いです。

とっても綺麗なかき氷だったので、トレイ全景が分かる写真も貼っておきます。ホントに花みたい~。そして石焼きビビンバみたいな器が面白い。横にあるのがゼリーです。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183726j:plain

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183618j:plain

お次は「西瓜炸弾」150元(600円)。こちらはスイカの雪花冰に、丸くくりぬいた西瓜がゴロゴロ。スイカの上に振りかけられているのはミネラル多めで優しい味の塩(宮古島雪塩とかとちょっと似てます)。スイカの甘さが塩で引き立てられて美味しいですね~。こちらの雪花冰も甘さ控えめ&自家製で美味。ヒダヒダも美しいです。別添えのタピオカ、初めは「かき氷にタピオカって合うのかな?」と思ったのですが、だんだんやめられなくなってきました。黒糖で煮てあり、もっちり甘いタピオカは結構温か目。雪印花冰で冷えた舌を暖めてくれるので飽きずに食べられます。タピオカ自体もとってもおいしい!

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183714j:plain


こちらの自家製雪花冰、マンゴーもすいかもとてもおいしかったです。インスタ映えする盛り付けも「いまどきだなー」という感じ。レベル高かったです。おすすめ!

 

 

●美しい雪花氷と、もっちりタピオカが美味しい「圓洲緑冰店」@高雄駅 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184216j:plain

お次は、こちらも2018年オープンの新店「圓洲緑冰店」。雪花冰と湯圓(ゆでたお団子)がウリのお店です。こちらの雪花氷も自家製とのことで期待が高まります。

珍珠【女乃】茶雪花冰、訳すとタピオカミルクティーかき氷、95元(380円)。上にチョコレートの蝶々が載ってるー!

雪花冰はアールグレイの味がしっかり出たミルクティー味。ほんのり薄甘くて美味しいなぁ。面白いのは、横にたっぷり入ったタピオカが温かくて湯気立ってること。黒糖シロップで煮込まれたタピオカは、モッチモチですごくおいしいです。ミルクティー+タピオカで、確かにタピオカミルクティーだな、と。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184231j:plain

かき氷と並んでオススメの湯圓も食べてみました。いくつか種類があるんですが、今回は酒粕?甘酒?のスープに入っている温かいもので40元(160円)。ピーナツ入りの大きめ団子がひとつ、黒ごま入りの大きめ団子がひとつ、あとは中身なしの団子(白玉)がいっぱい入って、ほわっほわのもっちもち。はぁ、おいしい……。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184243j:plain

さっきの葉月堂は可愛い女子の店員さんが多かったのですが、こちらはイケメンさん二人が切り盛りするカフェでした。こちらもインスタ映えかつ味も美味しく、よいお店でした。すごくお勧め!

 

●かき氷とドライフラワーのお店はインスタ映えジブリ推し?「花閣氷」

高雄のオシャレかき氷シリーズ。二日目の最後は雪花冰と手作りドライフラワーのお店「花閣氷」です。ここも高雄駅の割と近くです。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184505j:plain

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184516j:plain


まず、店内が大変かわいらしい。カウンター横にはトトロのぬいぐるみが大小たくさん置いてあります。借りていってかき氷と一緒に写真を撮る人も多いようです。BGMはジブリの映画ソングで、しばらく経ったら「おどるポンポコリン」とドラえもんのボサノババージョンが流れていました…(笑)。

パイナップルのかき氷が食べたかったんですが、品切れということでスイカのかき氷にしてみました。230元(920円)と、今回高雄で食べた中ではかなり高め。出てきたかき氷にはおそらく手作りのトトロのクッキーが刺さっています。おお、インスタ映え

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184619j:plain

お皿の上には雪花冰が盛り付けられて、その上に丸くくりぬいた果物が並んでます。赤い球も黄色い球もスイカなんです。メニューに「満満的西瓜」と書いてあったのは嘘じゃなかった!まさにスイカざんまい。

雪花冰はパッションフルーツ味で、あまり甘くないのがいい。シャーベットを食べてるみたいな感じです。上に乗ってるスイカも甘さ控えめなんですよねぇ。雪花冰を食べ飽きたらタピオカと食べると美味しいと知りました。とはいえ、かき氷の味的には「葉月堂」「圓洲緑冰店」にはかなわないかなぁ。

店員さん、暇になると奥でドライフラワーをつくっていました。天井を見上げるとギッシリドライフラワーで面白い空間です。味というよりはインスタ映えな、かわいいかき氷屋さんでした。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184655j:plain

と、最後に地図を貼り付けようと改めて調べていて気付いたんですが、どうもこちらのお店は2019年3月いっぱいで閉業してしまったみたい……?もうちょっと調べてみて、確実だったら加筆します。

 

高雄かき氷ツアー、2日目はここまで。後編へ続きます。 

かき氷もパンケーキもフレンチトーストも最強にインスタ映えする店:三島「たまご専門店 TAMAGOYA」

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172533j:plain

たまご専門店 TAMAGOYA(Cafe brunch TAMAGOYA)

411-0815 静岡件三島市安久322-1 伊豆・村の駅内 TEL:055-984-1217 営業時間:9時30分~16時30分、無休

食べたのは…2018年8月

 

先日、はてなさんに依頼を受けてかき氷コラムを書いたのですが、その中でも触れたのが「Instagramとかき氷の関係」。要はインスタ映えするかき氷は人気出るよね”、という話なんですが、あのコラムの続きの話としてもう一つ、「写真映え→動画映えするかき氷はウケるようになってきてるよね」というのも最近気になっています。

hikakujoho.com

動画で映えるかき氷といえば、色が変わるとか、かき氷に火を付けるなどが思い浮かびます。火を点けるかき氷としては以前吉祥寺の「カフェ・ルミエール」というお店を紹介しましたが、先日、もう一つ気になってたお店に行って来ました。ここ、かき氷も、それ以外も、最強にインスタ映えするメニューが揃うお店なのです。

ice.hatenablog.jp

 

燃えるたまごのかき氷

静岡県の三島にある「たまご専門店TAMAGOYA」。村の駅(道の駅みたいな感じ)の中にあるたまご&たまご菓子のお店で、ここに併設されてるカフェ 「Cafe brunch TAMAGOYA」でも"燃えるかき氷"を提供しています。その名も「焼きたまご」1300円。1日限定20食。

 

たまごのようなまーるい形に整えたかき氷の周りに、白いふわふわのメレンゲをぬりつけたかき氷が登場。たしかにたまご、まさにたまご。でも焼いてはいないたまご。

 店員さん曰く「では、あぶって仕上げますね。カメラのご用意はいいですか?」

……すごい、最初から写真撮るのが前提になってる(笑)。スマホやカメラを構えて待っていると、取り出したのはハンディサイズのバーナー。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904171701j:plain

 

ブオオオオオオ、とバーナーでかき氷のメレンゲを一周炙ったらできあがり。おお、確かにこれは「焼きたまご」だ(笑)

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172243j:plain

食べてみると、メレンゲの層が薄く、氷の粒が大きい。食べ進むと、中から卵黄が出てきます。多分卵の黄身そのままではなくて、卵黄ソースを生卵の黄身みたいに仕上げたものだと思います(技あり!)。ベースはミルク氷で、卵黄ソースのほか酸っぱい果物がちりばめられており、意外とお味はさっぱり。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904171537j:plain 

私が食べた焼きたまごのほかにも、かき氷メニューが数種類あり、いずれもかわいらしいたまご型。私が行ったときには、「Egg Egg Egg!」900円、「白桃かき氷」1400円、「イチジクかき氷」(1580円、2倍イチジク1850円)というラインナップでした。この辺はたまご型ですが、火は点けないみたいです。

 

さてこちらのお店、冒頭にも書いた通りかき氷以外もめっちゃインスタ映えするメニューが揃ってます。以下、かき氷ではないんですがついでなのでご紹介。

厚焼き卵定食かと思いきや……

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172053j:plain

「タマゴヤーキ」1700円。お店に入った時に「あれ?ここ和食メニューあるの?」と思ったのですが……

 

大きな玉子焼きに見えるのは、実はフレンチトースト。ごはんに見えるのはホイップクリームで覆われた和風パフェ。お椀にはアイスクリーム、お漬物に見えるのはドライいちじく、お醤油さしに入っているのはフレンチトースト用のメープルシロップ。こ、凝ってるわぁ……。

フレンチトーストはオリジナルの食パンを卵液に12時間浸しているんだそうで、すでにパンっぽさは消えています。お醤油さしのパフェのメープルシロップをかけてもいいし、和風パフェを一さじすくって載せて食べるのも良い感じ。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172118j:plain

 

タマゴヤーキだけでなく「メダマヤーキ」もあります(1200円、食べてないのでメニュー写真でスミマセン)。こちらはパンケーキを目玉焼き風に仕上げたもの。ロッジのミニフライパンを使ってたりするあたり、よく分かっていらっしゃる……。

 

もともとの得意メニューはホットケーキみたいです

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172152j:plain

「日の出たまごのプレミアムパンケーキ」(1000円)はとっても分厚いパンケーキ。お店で売っている「日の出たまご」という高級たまご(6個で450円!)を使った、スフレ系のパンケーキです。分厚いし、3段で背が高いし、添えられてるメープルシロップの卵型ケースもかわいいし、普通ならかなりこれもインスタ映えすると思うんですが、ほかが破壊力ありすぎて普通に見えてきますね……(笑)

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172223j:plain

以上、三島のたまご専門店で食べられるかき氷(&パンケーキ&フレンチトースト)のご紹介でした。ここ、ものすごい行列店なので、土日に行く人は開店時間より前に到着することをおすすめ。私が行ったときは開店15分前についてすでに整理番号22番、食べ終わって帰るときには4時間待ちとかになってました。

 

山と川と緑を眺めながら、遠足気分でふわふわかき氷を食べる:埼玉「かき氷 山田屋」

https://www.instagram.com/p/BibSF2khsc_/

かき氷 山田屋

埼玉県比企郡ときがわ町田中575-1 TEL:080-4297-7236 
営業時間:11時~16時、不定

食べたのは……2018年5月

ゴールデンウィークに、ドライブがてら、埼玉県ときがわ町にあるかき氷専門店、山田屋に行ってきました。きれいな川のすぐ近くにあり、周りは自然がいっぱいでとってもアウトドアな感じのお店です。すぐ近くには川遊びができるところがあって、お子さん連れのお客さんがたくさん行列していました。

 

https://www.instagram.com/p/BibPupqhvxn/

一杯目は赤肉メロン900円。甘いメロンをそのままかき氷に仕立てたような、甘くてジューシーなかき氷です。美味しい!窓際の席に座ると、外の緑がよく見えて、かき氷のいい背景になり、素敵な写真が撮れるのが楽しい。

 

https://www.instagram.com/p/BibQtnLBX4V/

2杯目は「レアチーズとパッションフルーツ」950円。二つに切ったパッションフルーツが添えられており、自分ですくってかき氷の上にかけるスタイルです。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174131j:plain

かけるとこんな感じ。パッションフルーツの種をパリパリ噛むのも楽しい。

ベースのかき氷は、こってりめのチーズクリームがかかったチーズソースのかき氷。ここに自分で作ったパッションフルーツをかけるわけですが、うーむ、チーズとパッションフルーツがあまり合っていないような気がする(汗)。ミルクベースのほうが、パッションフルーツには合うんじゃないかなー、なんて思いながらもぐもぐ。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174041j:plain

 

最後の一杯は「生いちごみるく」1000円(同じような写真が2回目でスミマセン)。とても美味しそうなかき氷ですが、食べてみると……あれ?イチゴソースがちょっと面白い味なような。ゴールデンウィークってイチゴのシーズンの終わりかけなので、そのせいかもしれませんが。別にまずいってわけじゃないんですが、ちょっと期待と違うお味でした。

普段都内でかき氷を食べることが多いので、窓の外に広がる山の景色を眺めながらかき氷を食べるのが楽しく、「かき氷遠足っていう感じで、楽しいな~」と思いながらいただきました。ごちそうさまでした!

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174223j:plain

すぐ近くの川はこんな感じ。遠足気分!

きれいな水辺を眺めながらかき氷が食べられるところといえば、もうひとつおすすめなのが「菊水苑」。

 

【以下、余談】かき氷の後は、近所の玉川温泉へ行って来ました。コンセプトは「昭和レトロ」。温泉銭湯とありますが、入湯料800円のスーパー銭湯です。入り口も建物の中も、昭和っぽいものが色々あって面白い。リラックススペースにハンモックがあったりするのも変わっていて楽しい。温泉は強めのアルカリ泉で、肌がすべすべします。お湯の温度もゆったりぬるめなので、ゆっくりいつまでも浸かっていられる感じ。いいお湯でした。また行きたいな。

 

かき氷好きなら一度は行くべし!仙台が誇るかき氷専門店「梵くら」

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101120j:plain

梵くら

宮城県仙台市青葉区立町23−14 スクエアビル 3F  営業時間:11時~15時、月

曜休 TEL:022-346-9027

食べたのは……2014年6月

 

かき氷専門店って、ほとんど関東&近畿エリアにあるのですが、仙台にもあるんです。しかもすごくレベルが高いところが!

東北エリアでは希少なかき氷専門店、それが「梵くら」。もちろん通年でかき氷を提供しています。行列がすごい上に営業時間も短めなので、食べるのはなかなかハードル高いんですが、それでももし機会があればぜひ行ってみてほしいお店です。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101146j:plain

最寄りは勾当台公園定禅寺通りに面しています。氷の旗が目印。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101258j:plain

私が行ったのは2014年と2016年なんですが、その頃から大行列でした。ビルの中の階段に並んで、2時間くらい待ったかなあ。 ずらっと貼り出されたメニューを眺めているとテンションが上がります☆

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101322j:plain

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101334j:plain

 ようやく店内へ!手回しのレトロなかき氷機が飾られていました。メニュー、写真入りで分かりやすいですね。席についてわくわく待っていると、かき氷が登場。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101348j:plain

フロマージュラングレーズ」(1200円)だったか「パンプキンみるくフロマージュ」(1300円)だったか思い出せないのですが、ふわふわの氷の上に濃厚ミルキーなシロップ、そしてけずりたてのチーズがたっぷりかかったかき氷。

「めちゃくちゃおいしい!」「チーズケーキみたい!」「絶妙なバランス!」と、同行してくれた友達と大感激しながらあっという間に完食。

削ったチーズを上からかけたかき氷は今も人気で、現在はさらにチーズがたっぷりもりもりに掛かっているみたいですよ!

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101120j:plain

玉糖生姜(ライム付き)、1080円。黒糖のシロップのかき氷なのですが、好みでライムを搾って味変するというかき氷です。

まずは黒糖+生姜シロップが、コクありつつも優しい甘さでさっぱりおいしい。ライムを搾るとガラッと雰囲気が変わってこれまた美味!「これは新しい」と感激しながらいただきました。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101409j:plain

大人のラムレーズン、1080円。しっかりラム酒の味が染み込んでるラムレーズンは、確かにお酒ダメな人だとちょっと酔ってしまうかも。
自家製練乳とラムレーズンのバランスが絶妙で、サクッと食べ終わった一杯です。おいしかったなぁ……。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906101442j:plain

行ったのが2014&2016年と大分前な上にメモを紛失(メモしておいたタブレットが起動しなくなり、読むに読めなくなってしまった……クラウド大事ですね……)してしまい、書くのをやめようかと思っていたのですが、2014年の写真をベースに、なんとか記憶をたどって書いてみました。

現在、梵くらさんのかき氷はこの時よりももう少し値段が上がっているはずです。しかしおいしかったし、とってもレベルが高かった!東京のかき氷専門店に慣れている人でも、きっと「おいしい!」と思うはずです、梵くらさん。かき氷好きなら、一度はお試しあれ。

 

 

路地裏のかわいいカフェでかき氷が食べられる:仙台「sweet spice asano」

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906095422j:plain

sweet spice asano

〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院2丁目1−40 営業時間:11時~19時、日曜休 TEL:022-263-1157

食べたのは……2014年6月

 

仙台の街の割と中心部にありながら、路地裏のしっとり静かなカフェでかき氷を食べられるのが「sweet spice asano(スウィートスパイスアサノ)さん。とても小さなお店で、店内にはアンティークの家具がおかれて、可愛らしい空間。

上の写真は「いちご」550円。練乳トッピングもできますが、そのままでも甘くておいしい。ほっとする優しいお味です。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906095449j:plain

こちらはマサラチャイ、550円。サイズもほどよく食べやすいです。多分、手回しのかき氷機で氷をかいてたと思います(メモ紛失してしまい、細かい感想を忘れてしまった……)

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906095528j:plain

じゅわわっとシロップいっぱいでおいしい。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906095549j:plain

店内では焼き菓子も売ってます。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180906095609j:plain

仙台市内で手軽においしいかき氷が食べられるお店。お散歩のついでにぜひ。

きれいな水辺で氷のおいしさを味わうシンプルかき氷を楽しむ:佐野「菊水苑」

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093347j:plain

菊水苑

〒327-0843 栃木県佐野市堀米町2139 TEL:0283-21-5584
営業時間:11時~18時、火曜休

食べたのは……2018年5月

ゴールデンウィーク、栃木県の佐野へかき氷を食べに行って来ました。きれいな水辺を眺めながら、おいしいかき氷が食べられるちょっといいところがあるんです。食券を買って席に着くと、目の前に広がるのはこんな風景。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093211j:plain

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093227j:plain

「菊水苑」は、地元のおばちゃんたちが運営している、期間限定のかき氷屋さん。日光の天然氷(松月氷室)を使ったかき氷を出しています。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902092442j:plain

とちおとめ、800円。

栃木ということで、いちごはやっぱり「とちおとめ」なんですね。ふわふわ羽根のようにかいたかきごおり、シロップがシンプルなので氷そのもののおいしさが味わえていいなあ。最近はヘビーなかき氷が増えているので、こういうシンプルなかき氷は逆に新鮮です(笑)。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093532j:plain

みかん、800円。

シロップはオリジナルで、お店の方が三ヶ日の無農薬ミカンから手作りしているそうです。甘めだけどさっぱりでおいしい。シロップたっぷりついてくるので、最後までおいしくいただけました。

他にも抹茶や黒糖、桃、ぶどう、メロンなど一通り揃っています。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093812j:plain

はぁ、のどかすぎる~(笑)

農業用水をきれいな浅瀬にしたのだそうで、水遊び自由です。わたしが行ったときはゴールデンウィークでほとんどお客さんもいなかったのでものすごくノンビリムードでしたが、夏休みはきっと子どもで賑わってるんだろうなあ。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902093940j:plain

佐野といえばラーメンが有名ですが、わたしが好きなのはいもフライ!

お気に入りのいもフライやさんを3軒ハシゴして東京へ帰りました。はー、たのしかった♪

たい焼き屋さんが夏場だけ出すかき氷が本気すぎる……!「たいやき そら」~吉祥寺でかき氷がおいしいお店(4)

 f:id:tokyo-ujikintoki:20180902083603j:plain

たいやき そら
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3-10-3 営業時間:11時半~18時、火・水曜休み

食べたのは……2018年8月

吉祥寺でおいしいかき氷が食べられるお店シリーズ。全4回の最後にご紹介するのは、 「吉祥寺で一番美味しいかき氷」と推す人も多い「たいやきや そら」さん。名前の通り、たい焼き屋さんが夏場だけ提供するかき氷です。2年越し、4回目の挑戦でわたしもようやくいただくことができました!地元民の友人に予約してもらったおかげです。ありがとうありがとう(涙)

今回は3人で五種類のかき氷をいただきました。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902083635j:plain

まずは、生いちごミルクDX、1150円。デラックス(DX)氷にはあずきと白玉が別皿でついてきます。さすが鯛焼き屋さん、あずきめっちゃおいしい!白玉ももちもち!
いちごシロップは色も薄めで一見控えめにかかっているように見えますが、食べてみると甘酸っぱくてちょうどいいお味。お、おーいしーーーい!!!いちごシロップ別添えで、よく見たらすごくたっぷり入っています。
あずきをスプーンですくって、そこにいちごシロップをかけるとさらに美味。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180901123125j:plain

次の宇治抹茶ミルク金時フロマージュ(1300円)も、めっちゃくちゃ美味しかった。濃厚な抹茶シロップにフロマージュクリームがすごく合ってます。あられのカリカリもいい案配で、全体的にものすごくバランスがいい…!中にもクリームやあずきが忍ばせてあって、見た目のサイズより食べ応えあり。

抹茶のかき氷って難しくて、濃すぎて苦かったり、逆に薄くてあずきに風味が負けてしまうものが多い中、この抹茶氷は本当に絶妙なバランス。いやぁ、これだけ美味しい宇治金時、なかなかないですよ。すばらしい。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902083856j:plain

お次はマスカット……?とみせかけて「なしとすもも」1200円。白いところは素氷ではなく、梨のシロップがかかっており、中&別添えですももシロップが。梨はあっさりした甘さで、まさに梨を食べているよう。さらに美味しいのがすもも!甘酸っぱくて食べてると自然とニコニコ笑顔になってしまうようなシロップです。ちなみに、上に散らしてあるのは岡山県産のシャインマスカット。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902084253j:plain

「THE生プルーン」1000円。長野県産の生プルーンを、そのまま果実感の強い(加熱控えめなのかな)シロップに仕立てたかき氷です。プルーンのかき氷って珍しいですよね~。
すごく酸っぱいとかすごく甘いとかじゃないので表現が難しいんですが、「プルーンってこういう味なんだ、目立った特徴はないけどおいしいな」と思ったかき氷。中にチーズクリームが入っていて、それと合わせて食べるとさらにおいしい。酸味が強いわけではないのにクリームとあわせるとコクが増すという、フルーツとしては珍しい感じの味でおいしかったです。面白いなぁ~。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180902084743j:plain

ラストは「まるごとピオーネヨーグルトミルク」1100円。暗い中であわてて撮ったらぶれてしまいました。スミマセン。

ピオーネの味をそのまま凝縮したようなシロップで、おいしい!上にむいたピオーネが載ってますが、中にも二つ割りのぶどうがしっかり入っています。見かけ以上に、ぶどうのおいしさを堪能できるかき氷。さっきのプルーンもそうでしたが、「果物+クリーム」がこれも予想以上のマッチング。さっぱりしつつも適度な食べ応えで、見かけ以上の満足感がありました。

以上5つ、どれもめちゃくちゃおいしかった~!!!たい焼き屋さんだから、あんこモノはおいしいだろうと思っていましたが、宇治金時フロマージュの完成度にも舌を巻いたし、予想外に果物系かき氷が充実していてすばらしいです。はぁおいしかった……(思い出してうっとりしている)

こちら席数が少ないかつ非常に人気なので、朝予約ボードが出るのでそこに書き込んでおき、あとでその時間にもう一回来る、というシステム。わりと早めのタイミングでかき氷は終わってしまうのですが、今シーズンなんとかもう一回食べに行きたいと熱望しています。

以上、吉祥寺で「ここはおいしい」と思った四店をご紹介しました。吉祥寺、実はかき氷食べられるお店がけっこうたくさんあるんですよね。このほかにも「ここはイチオシ」というところがあったらぜひ教えてください。

 

吉祥寺シリーズ、過去3回はこちらから。

続きを読む