トーキョーウジキントキ(夏季限定かき氷専門ブログ since 2003)

おいしいかき氷を実食&レポートするブログです。夏季限定更新、2003年スタートで今年12年目。東京・名古屋を中心に、世界各地のかき氷を扱っています。2011年に旧サイトからはてなダイアリーへ、2014年さらにはてなブログへ引っ越してきました。

メロンパンみたいなかき氷@東区焦糖練乳包心粉圓(台北、台南)

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20200803125430j:plain

台南東区焦糖煉乳包心粉円 士林店

住所:11143 台湾 台北市士林區大西路31號  

営業時間:15時~23時

食べたのは……2020年1月1日

 

2020年、わたしが最初に食べたかき氷はこれでした。

台湾の「東区焦糖練乳包心粉圓」というお店で食べた「焦糖練乳包心粉圓冰」90元(約360円)。写真の通り、メロンパンみたいなかき氷で知られるお店です。今回私が食べたのは台北・士林の支店でしたが、本店は台南にあります。

いきなり台湾の話?という感じですが、昨日の続きということでお許しを……。

 

いただいた「焦糖煉乳冰」は、店名にもなっている代表メニュー。作りが面白くて、お皿の底に具を入れて、その上にかき氷と粉(おそらく麺茶)の層があり、その上にキャラメル(焦糖)と練乳で味付け&編み目模様にした氷でフタをしている……という構造。こんなかき氷、初めて見ました。サクサクの歯ごたえが最後まで続き、非常に食感が良いです。見た目が面白いだけでなく、味もすごくおいし~い!

 

台湾のかき氷情報はインスタで集めることが多いのですが、実はこちら、「インスタ映えしそうだなぁ」と思ってうかがったお店。しかし食べたらめっちゃおいしくて、大当たり!「見た目重視なんて思ってごめんなさい」と心の中で謝りました。。。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20200802163851j:plain

  

別添えで粉圓など各種だんご系のトッピングがついてくるので、かき氷を食べ進んだら適宜トッピングを投入してまぜながら食べます。トッピングは冷えすぎていないのでもっちもち。氷は軽くほどよく甘くサクサクで、ああああああ、なんて、なんておいしいの……(感涙)

甘さが「正常/半糖/微糖」から選べるので「微糖」にしました。私は丁度良かったですが、半糖のほうが好き、という人も多いかも。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20200803124850j:plain

メニューはこんな感じです。メロンパンぽいかき氷が左上の「焦糖練乳冰」で、中の具によってちょっと値段が変わります。普通のかき氷でタピオカが載っているのが左下の「珍珠波覇粉圓冰」。かき氷のほかに仙草ゼリーや豆花、プリン、冬場はおしるこなどもありました。

f:id:tokyo-ujikintoki:20200803125803j:plain

お店の外観をパチリ。

ほかのお店にも回るつもりだったので、二人でかき氷1杯で出たのですが、できることならほかのかき氷も食べたかった!次台北に行ったらまた寄りたいくらい気に入りました。台南の本店にも行ってみたいなと思っています。

 

「台湾かき氷にハマる」コラム in かきごおりすと

これを書いているのは2020年8月2日、なのですが……あれっ、昨日梅雨明け発表あったの?知らなかったーー!(一応)「夏季限定更新かき氷ブログ」がコンセプトのトーキョーウジキントキ、今年も更新再開したいと思います。

 

それにしても、去年の暮れの時点で、こんな2020年の夏を想像した人が何人いたでしょうか。本当なら今頃オリンピックが始まって、夏休みシーズン本番、楽しい夏を迎えていたはず……なのに。わたしも本当なら今ごろ、夏休みを取って台湾に行ってかき氷を食べたり街をぶらぶらしたりしていたはずなのに……。ああ、台湾に行きたいよう(涙)

f:id:tokyo-ujikintoki:20200802161314j:plain

高雄のマンゴーかき氷屋さんで、冬場だけ食べられるいちごのかき氷。いちご山盛り!!

実は私、ここ5~6年台湾にハマりまして、それも台北ではなく高雄・台南にハマって、ひまさえあれば台湾に行っています。行けばやはり食べるのはかき氷。そんなわけで、ブログにはあまり書いていないのですが、結構台湾のあちこちでかき氷を食べています。

続きを読む

レトロかわいい喫茶店で出てくる、驚きのハイレベルかき氷「喫茶緑」@大垣

https://www.instagram.com/p/BxKeAOBAiKB/

喫茶 緑
〒503-0835 岐阜県大垣市1丁目19−3  営業時間:6:30~18:00 水曜休
TEL: 0584-81-7462
食べたのは……2019年5月
 

令和二杯目のかき氷は、岐阜県大垣市の「喫茶緑」にて。ここのかき氷、ちょっとびっくりするくらい美味しかったです。めっちゃ好み……!

中京圏らしく、広い駐車場に平屋でゆったりしたつくりの喫茶店。駐車場ののぼりには「#かき氷は冬が一番美味しい」「ちょっと贅沢な大人かき氷」などと書かれており、かき氷好きの心をぐいぐい刺激してきます。

店内もゆったり、レトロな雰囲気がこれまたとても好み。喫茶店なのでドリンクやフードのメニューが中心なのですが、かき氷のメニューは黒板に手書きされています。黒板メニューを見て、「これはきっと、間違いなくおいしいぞ~♡」と高まる期待。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190908004300j:plain

 

一枚目はピスタチオみるくの氷に生イチゴソースをトッピング(上の写真、1300円)。ナッツのコク、つぶつぶ感、ナッティーな美味しさ、ピスタチオ本来の風味がたっぷり感じられるリッチなピスタチオ氷はどこから食べてもおいしいし、合わせてあるイチゴソースも酸味と甘みが絶妙! ピスタチオ氷は好きなのであちこちの店でよく食べていますが、こちらのピスタチオ氷は本当に美味しかった~!!ピスタチオはペーストが市販されているので、それを使うかき氷屋さんも多いのですが、これは一線を画す美味さでした。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190908004847j:plain

店名を冠した「ミドリ氷」。写真が下手で我ながら残念すぎる……

二杯目は店名を冠したミドリ氷。紅茶+フルーツシロップの氷にフルーツがたっぷりと。見た目も味もグラデーションが素敵です。さっぱり、かつ甘酸っぱくて、こちらもあっという間に食べ終わってしまっていました。リプトンとかのフルーツアイスティーや、台湾の水果茶(フルーツティー)が好きな人は絶対気に入ると思いますよ!

 

フードメニューも美味しいんです!フルーツサンドとか、他にも気になるメニューがいっぱいあったので是非また再訪問したいなぁ…

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190908005756j:plain

C1グランプリ(って何だろう……)、一番人気のたまごサンド

f:id:tokyo-ujikintoki:20190908005859j:plain

フルーツサンドもおいしそうだった……

f:id:tokyo-ujikintoki:20190908005932j:plain

概観もかわいい。

しかし今思い出しても、こちらのかき氷、ほんと~~に美味しかった。記憶に残るおいしさでした。駅から遠いので、公共交通で行くのは大変かもしれないけど、なんとかして再訪したいなぁと思っています。

 

ところで、岐阜のかき氷といえば「赤鰐」。初めて行ったのは15年前だったようです(!)。赤鰐さんの最近のかき氷も、そのうちご紹介したいなあ。 

ice.hatenablog.jp

 

姫路城の近くで、デザート系かき氷&パンケーキがいただける「ひめじ官兵衛」【IG】

https://www.instagram.com/p/Bw-9rE9gxes/

「ひめじ官兵衛」(Facebook
兵庫県姫路市二階町48 2階 (みゆき通り商店街内)
TEL:079-288-1000 営業時間:11:00~18:00(秋冬は変更)不定

食べたのは…2019年5月
※本エントリは、Instagramに投稿した内容を再編集しています。

 

平成が終わり、令和が始まった2019年。新年号に切り替わるゴールデンウィーク、私は白鷺城を見に姫路に行っていました。

そんなわけで、5月1日に令和初めて食べたかき氷は、姫路城近くにあるかき氷店のひめじ官兵衛さんへ。まずは「抹茶いちごミルフィーユ」1200円、次に「ティラミス」1100円をいただきました。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190501134323j:plain


どちらもミルクベースの氷な上、エスプーマもマスカルポーネのはずなのにチーズよりミルクが強くて全体的にミルキーで優しいお味で美味しいです。口どけ優しい、ふわっとした氷によくマッチしています。ほとんどのメニューがカスタード&ナッツ入りで似た構成なので、味がかぶるかなーと思ったのですが、意外と違う味でした。いちごミルフィーユは抹茶感がすくなくていちごみるく氷っぽいし、ティラミスはチーズミルクエスプーマ+ココア+珈琲って感じで。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190501130959j:plain

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190501130951j:plain

通年でかき氷を提供するお店ですが、ふわふわパンケーキも提供しています。ちょっと北千住の重義を思い出すかも。

ice.hatenablog.jp

 

ただ、ちょっと高いかな~と感じたのも正直なところ。八ヶ岳の天然氷を使っているので、氷代が高いのだろうとは推察されるものの、サイズも小ぶりなのでこの値段は正直高い…。天然氷だけでなく、純氷も選べるようにして1000円未満のメニューが増えたら、通いやすいお店になると思うんだけどなぁ。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190501135215j:plain

 

台湾かき氷食べまくりツアー:高雄編(その1)

みなさまご無沙汰しております。トーキョーウジキントキのayanoです。

ここ数年、台湾、それも南部の高雄&台南にすっかりハマっています。平均して年に3回以上は台湾に通っている気がする……。台湾はある意味日本以上のかき氷天国。しかも一年中暖かいので一年中かき氷が食べられる!というわけで、私も行くたびにかき氷を食べています。結構あちこち食べているのに、そういえばトーキョーウジキントキではあまりご紹介していなかったな、というわけでここからしばらくは普段と趣向を変え、台湾で食べたおいしいかき氷をエリア別にまとめてご紹介します。

まずは高雄で食べたかき氷をご紹介。実は高雄では、2018年に入ってから急にオシャレかき氷や日式かき氷の店が増えているんです。そんなわけで今回は、2018年夏に行ったお店を中心にご紹介。二泊三日で9店のかき氷屋さんを回ってきました!

なお、1台湾ドルはだいたい3.5円~4円というところ。今回は4円で計算します。

●私的には高雄のマンゴーかき氷No.1はココ!「芒果好忙」(@巨蛋駅) 

https://www.instagram.com/p/BndZE8Chd_j/

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183212j:plain

最近の高雄、未食の気になるお店が増えているのですよ…。 といいつつ、一店目は高雄では以前から人気のマンゴーかき氷のお店へ。

MRT巨蛋駅から徒歩数分、「芒果好忙」です。一年ぶり、三回目くらいの再訪。マンゴーのことを、漢字では「芒果」と書きます。店名にマンゴーが入ってるというくらい、マンゴーかき氷が自慢のお店。

カットしたてのプルンプルンのマンゴー+マンゴーアイス+ミルクの雪花氷の構成で120元(480円)。写真だと分かりづらいですが、かなーり大きいんです!小さいラーメン丼くらいのサイズで、二人でシェアしてる人も多いです。前にもきたことがあるんですが、今年(2018年)はやはりマンゴーが抜群に美味しい!「美味しい~」「おいしいよーーー」しか感想が出ませんでした…

今回もあちこちでマンゴーかき氷を食べましたが、高雄ではここがNo.1じゃないかなあ。回った中ではここよりおいしいかき氷には出会えませんでした。マンゴーかき氷をどこか一カ所だけで食べるなら、高雄なら私はここをイチオシします。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183240j:plain

なお、台湾のマンゴーは夏の果物。冬のあいだはマンゴーでなく、いちごやドラゴンフルーツのかき氷が中心になります。こちらのお店はいちごかき氷も美味しいらしいので、次、冬に高雄へ行ったら試さなくては。

  

ice.hatenablog.jp

台湾のデザートといえばマンゴーかき氷を連想する人は多いと思うんですが、ほとんどの方は台北で食べますよね。でも、台湾で本当にマンゴーかき氷がおいしいのは南。ぜひ、台南や高雄で食べていただきたいです!特に台南近郊には「玉井」というマンゴーの名産地があって本当にハイレベル……と言う話は前に書いたのでこちらをぜひ。

 

 ●行列も納得の人気店!雪花氷がおいしく、ルックスも美しい「葉月堂

https://www.instagram.com/p/BndpeL2h5kf/

ここから二日目。お次は、最近オープンしたばかりの新店舗を回ろう、ということで「葉月堂」を初訪問。こちらも最寄りは巨蛋駅……なんだけど、バス乗らないとキツイかなーというロケーション(Google Mapを貼っておきます)。

人気店で店の前に行列ができてましたが、意外とすぐに入れました。写真は「芒菓咬咬」、180元(640円)。花のようなカットのマンゴーが美しい!下はマンゴーの雪花冰がたっぷりと。ここは雪花氷(氷自体に牛乳などで味を付けて凍らせ、それを削る)が自家製とのこと。雪花冰がちゃんとマンゴーの果実の味で、甘さ控えめなのでかなり美味しいです。マンゴーのジェラートを食べているよう。雪花冰の美味しさに比べると、マンゴーの味は普通かなぁ。別ぞえの蜂蜜桂花ゼリーも甘さ控えめで上品なお味。雪花冰で冷えた舌に有り難いです。

とっても綺麗なかき氷だったので、トレイ全景が分かる写真も貼っておきます。ホントに花みたい~。そして石焼きビビンバみたいな器が面白い。横にあるのがゼリーです。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183726j:plain

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183618j:plain

お次は「西瓜炸弾」150元(600円)。こちらはスイカの雪花冰に、丸くくりぬいた西瓜がゴロゴロ。スイカの上に振りかけられているのはミネラル多めで優しい味の塩(宮古島雪塩とかとちょっと似てます)。スイカの甘さが塩で引き立てられて美味しいですね~。こちらの雪花冰も甘さ控えめ&自家製で美味。ヒダヒダも美しいです。別添えのタピオカ、初めは「かき氷にタピオカって合うのかな?」と思ったのですが、だんだんやめられなくなってきました。黒糖で煮てあり、もっちり甘いタピオカは結構温か目。雪印花冰で冷えた舌を暖めてくれるので飽きずに食べられます。タピオカ自体もとってもおいしい!

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404183714j:plain


こちらの自家製雪花冰、マンゴーもすいかもとてもおいしかったです。インスタ映えする盛り付けも「いまどきだなー」という感じ。レベル高かったです。おすすめ!

 

 

●美しい雪花氷と、もっちりタピオカが美味しい「圓洲緑冰店」@高雄駅 

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184216j:plain

お次は、こちらも2018年オープンの新店「圓洲緑冰店」。雪花冰と湯圓(ゆでたお団子)がウリのお店です。こちらの雪花氷も自家製とのことで期待が高まります。

珍珠【女乃】茶雪花冰、訳すとタピオカミルクティーかき氷、95元(380円)。上にチョコレートの蝶々が載ってるー!

雪花冰はアールグレイの味がしっかり出たミルクティー味。ほんのり薄甘くて美味しいなぁ。面白いのは、横にたっぷり入ったタピオカが温かくて湯気立ってること。黒糖シロップで煮込まれたタピオカは、モッチモチですごくおいしいです。ミルクティー+タピオカで、確かにタピオカミルクティーだな、と。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184231j:plain

かき氷と並んでオススメの湯圓も食べてみました。いくつか種類があるんですが、今回は酒粕?甘酒?のスープに入っている温かいもので40元(160円)。ピーナツ入りの大きめ団子がひとつ、黒ごま入りの大きめ団子がひとつ、あとは中身なしの団子(白玉)がいっぱい入って、ほわっほわのもっちもち。はぁ、おいしい……。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184243j:plain

さっきの葉月堂は可愛い女子の店員さんが多かったのですが、こちらはイケメンさん二人が切り盛りするカフェでした。こちらもインスタ映えかつ味も美味しく、よいお店でした。すごくお勧め!

 

●かき氷とドライフラワーのお店はインスタ映えジブリ推し?「花閣氷」

高雄のオシャレかき氷シリーズ。二日目の最後は雪花冰と手作りドライフラワーのお店「花閣氷」です。ここも高雄駅の割と近くです。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184505j:plain

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184516j:plain


まず、店内が大変かわいらしい。カウンター横にはトトロのぬいぐるみが大小たくさん置いてあります。借りていってかき氷と一緒に写真を撮る人も多いようです。BGMはジブリの映画ソングで、しばらく経ったら「おどるポンポコリン」とドラえもんのボサノババージョンが流れていました…(笑)。

パイナップルのかき氷が食べたかったんですが、品切れということでスイカのかき氷にしてみました。230元(920円)と、今回高雄で食べた中ではかなり高め。出てきたかき氷にはおそらく手作りのトトロのクッキーが刺さっています。おお、インスタ映え

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184619j:plain

お皿の上には雪花冰が盛り付けられて、その上に丸くくりぬいた果物が並んでます。赤い球も黄色い球もスイカなんです。メニューに「満満的西瓜」と書いてあったのは嘘じゃなかった!まさにスイカざんまい。

雪花冰はパッションフルーツ味で、あまり甘くないのがいい。シャーベットを食べてるみたいな感じです。上に乗ってるスイカも甘さ控えめなんですよねぇ。雪花冰を食べ飽きたらタピオカと食べると美味しいと知りました。とはいえ、かき氷の味的には「葉月堂」「圓洲緑冰店」にはかなわないかなぁ。

店員さん、暇になると奥でドライフラワーをつくっていました。天井を見上げるとギッシリドライフラワーで面白い空間です。味というよりはインスタ映えな、かわいいかき氷屋さんでした。

f:id:tokyo-ujikintoki:20190404184655j:plain

と、最後に地図を貼り付けようと改めて調べていて気付いたんですが、どうもこちらのお店は2019年3月いっぱいで閉業してしまったみたい……?もうちょっと調べてみて、確実だったら加筆します。

 

高雄かき氷ツアー、2日目はここまで。後編へ続きます。 

かき氷もパンケーキもフレンチトーストも最強にインスタ映えする店:三島「たまご専門店 TAMAGOYA」

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172533j:plain

たまご専門店 TAMAGOYA(Cafe brunch TAMAGOYA)

411-0815 静岡件三島市安久322-1 伊豆・村の駅内 TEL:055-984-1217 営業時間:9時30分~16時30分、無休

食べたのは…2018年8月

 

先日、はてなさんに依頼を受けてかき氷コラムを書いたのですが、その中でも触れたのが「Instagramとかき氷の関係」。要はインスタ映えするかき氷は人気出るよね”、という話なんですが、あのコラムの続きの話としてもう一つ、「写真映え→動画映えするかき氷はウケるようになってきてるよね」というのも最近気になっています。

hikakujoho.com

動画で映えるかき氷といえば、色が変わるとか、かき氷に火を付けるなどが思い浮かびます。火を点けるかき氷としては以前吉祥寺の「カフェ・ルミエール」というお店を紹介しましたが、先日、もう一つ気になってたお店に行って来ました。ここ、かき氷も、それ以外も、最強にインスタ映えするメニューが揃うお店なのです。

ice.hatenablog.jp

 

燃えるたまごのかき氷

静岡県の三島にある「たまご専門店TAMAGOYA」。村の駅(道の駅みたいな感じ)の中にあるたまご&たまご菓子のお店で、ここに併設されてるカフェ 「Cafe brunch TAMAGOYA」でも"燃えるかき氷"を提供しています。その名も「焼きたまご」1300円。1日限定20食。

 

たまごのようなまーるい形に整えたかき氷の周りに、白いふわふわのメレンゲをぬりつけたかき氷が登場。たしかにたまご、まさにたまご。でも焼いてはいないたまご。

 店員さん曰く「では、あぶって仕上げますね。カメラのご用意はいいですか?」

……すごい、最初から写真撮るのが前提になってる(笑)。スマホやカメラを構えて待っていると、取り出したのはハンディサイズのバーナー。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904171701j:plain

 

ブオオオオオオ、とバーナーでかき氷のメレンゲを一周炙ったらできあがり。おお、確かにこれは「焼きたまご」だ(笑)

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172243j:plain

食べてみると、メレンゲの層が薄く、氷の粒が大きい。食べ進むと、中から卵黄が出てきます。多分卵の黄身そのままではなくて、卵黄ソースを生卵の黄身みたいに仕上げたものだと思います(技あり!)。ベースはミルク氷で、卵黄ソースのほか酸っぱい果物がちりばめられており、意外とお味はさっぱり。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904171537j:plain 

私が食べた焼きたまごのほかにも、かき氷メニューが数種類あり、いずれもかわいらしいたまご型。私が行ったときには、「Egg Egg Egg!」900円、「白桃かき氷」1400円、「イチジクかき氷」(1580円、2倍イチジク1850円)というラインナップでした。この辺はたまご型ですが、火は点けないみたいです。

 

さてこちらのお店、冒頭にも書いた通りかき氷以外もめっちゃインスタ映えするメニューが揃ってます。以下、かき氷ではないんですがついでなのでご紹介。

厚焼き卵定食かと思いきや……

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172053j:plain

「タマゴヤーキ」1700円。お店に入った時に「あれ?ここ和食メニューあるの?」と思ったのですが……

 

大きな玉子焼きに見えるのは、実はフレンチトースト。ごはんに見えるのはホイップクリームで覆われた和風パフェ。お椀にはアイスクリーム、お漬物に見えるのはドライいちじく、お醤油さしに入っているのはフレンチトースト用のメープルシロップ。こ、凝ってるわぁ……。

フレンチトーストはオリジナルの食パンを卵液に12時間浸しているんだそうで、すでにパンっぽさは消えています。お醤油さしのパフェのメープルシロップをかけてもいいし、和風パフェを一さじすくって載せて食べるのも良い感じ。

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172118j:plain

 

タマゴヤーキだけでなく「メダマヤーキ」もあります(1200円、食べてないのでメニュー写真でスミマセン)。こちらはパンケーキを目玉焼き風に仕上げたもの。ロッジのミニフライパンを使ってたりするあたり、よく分かっていらっしゃる……。

 

もともとの得意メニューはホットケーキみたいです

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172152j:plain

「日の出たまごのプレミアムパンケーキ」(1000円)はとっても分厚いパンケーキ。お店で売っている「日の出たまご」という高級たまご(6個で450円!)を使った、スフレ系のパンケーキです。分厚いし、3段で背が高いし、添えられてるメープルシロップの卵型ケースもかわいいし、普通ならかなりこれもインスタ映えすると思うんですが、ほかが破壊力ありすぎて普通に見えてきますね……(笑)

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180904172223j:plain

以上、三島のたまご専門店で食べられるかき氷(&パンケーキ&フレンチトースト)のご紹介でした。ここ、ものすごい行列店なので、土日に行く人は開店時間より前に到着することをおすすめ。私が行ったときは開店15分前についてすでに整理番号22番、食べ終わって帰るときには4時間待ちとかになってました。

 

山と川と緑を眺めながら、遠足気分でふわふわかき氷を食べる:埼玉「かき氷 山田屋」

https://www.instagram.com/p/BibSF2khsc_/

かき氷 山田屋

埼玉県比企郡ときがわ町田中575-1 TEL:080-4297-7236 
営業時間:11時~16時、不定

食べたのは……2018年5月

ゴールデンウィークに、ドライブがてら、埼玉県ときがわ町にあるかき氷専門店、山田屋に行ってきました。きれいな川のすぐ近くにあり、周りは自然がいっぱいでとってもアウトドアな感じのお店です。すぐ近くには川遊びができるところがあって、お子さん連れのお客さんがたくさん行列していました。

 

https://www.instagram.com/p/BibPupqhvxn/

一杯目は赤肉メロン900円。甘いメロンをそのままかき氷に仕立てたような、甘くてジューシーなかき氷です。美味しい!窓際の席に座ると、外の緑がよく見えて、かき氷のいい背景になり、素敵な写真が撮れるのが楽しい。

 

https://www.instagram.com/p/BibQtnLBX4V/

2杯目は「レアチーズとパッションフルーツ」950円。二つに切ったパッションフルーツが添えられており、自分ですくってかき氷の上にかけるスタイルです。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174131j:plain

かけるとこんな感じ。パッションフルーツの種をパリパリ噛むのも楽しい。

ベースのかき氷は、こってりめのチーズクリームがかかったチーズソースのかき氷。ここに自分で作ったパッションフルーツをかけるわけですが、うーむ、チーズとパッションフルーツがあまり合っていないような気がする(汗)。ミルクベースのほうが、パッションフルーツには合うんじゃないかなー、なんて思いながらもぐもぐ。

 

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174041j:plain

 

最後の一杯は「生いちごみるく」1000円(同じような写真が2回目でスミマセン)。とても美味しそうなかき氷ですが、食べてみると……あれ?イチゴソースがちょっと面白い味なような。ゴールデンウィークってイチゴのシーズンの終わりかけなので、そのせいかもしれませんが。別にまずいってわけじゃないんですが、ちょっと期待と違うお味でした。

普段都内でかき氷を食べることが多いので、窓の外に広がる山の景色を眺めながらかき氷を食べるのが楽しく、「かき氷遠足っていう感じで、楽しいな~」と思いながらいただきました。ごちそうさまでした!

f:id:tokyo-ujikintoki:20180818174223j:plain

すぐ近くの川はこんな感じ。遠足気分!

きれいな水辺を眺めながらかき氷が食べられるところといえば、もうひとつおすすめなのが「菊水苑」。

 

【以下、余談】かき氷の後は、近所の玉川温泉へ行って来ました。コンセプトは「昭和レトロ」。温泉銭湯とありますが、入湯料800円のスーパー銭湯です。入り口も建物の中も、昭和っぽいものが色々あって面白い。リラックススペースにハンモックがあったりするのも変わっていて楽しい。温泉は強めのアルカリ泉で、肌がすべすべします。お湯の温度もゆったりぬるめなので、ゆっくりいつまでも浸かっていられる感じ。いいお湯でした。また行きたいな。